大手結婚情報サービス会社と結婚相談所の会員の違い

  • 2016年05月12日

先日、有名な大手結婚情報サービス会社を4年で3社渡り歩いた末に、当会へ移って来られた37歳男性の結婚が決まりました。

あちこちの大手さんで4年間苦労してきたようですが、中小のファニーキープスで入会から7カ月で成婚です(^^)V

実は、このようなケースはとても多いんです!

最初は有名な大手結婚情報サービス会社でがんばってみて、その後に結婚相談所へ登録し直すケース。

もちろん大手結婚情報サービス会社で結婚が決まらなかったから、ファニーキープスに移ろうと考えるわけですよね。

当然ですけど、大手結婚情報サービス会社の親会社は誰でも知っている大企業ですので、資金力や知名度はバツグンです。

中小の結婚相談所なんて、とても太刀打ちできません・・

でも、そんなことは百も承知で「ぜひファニーキープスでお世話になりたい」と言ってくれるのですから、

とてもありがたい話です。

「小さくても無名でも実績さえあれば規模は関係ない!」と思っています(笑)

しかも、小規模だからこそ大手結婚情報サービス会社にはマネのできないメリットもたくさんあるんですよ~。

紹介システムやサービス内容、サポート体制などは大手結婚情報サービスと結婚相談所とでは、かなり違いますし。

その辺は、このホームページの中にも書いてありますので、よければ各自で研究してみてください。

そして、何よりも大きな違いというのは、会員様の意識」ではないかと思います。

当会もそうですけど、大手結婚情報サービス会社と比べると小さな結婚相談所の場合は、営業力が弱い!

強引に勧誘したり、しつこく入会を勧めたりなどということはしていませんし、できません。

皆さんの中にも営業攻勢が凄くて困った・・という経験がある方も多いのではないでしょうか。

大手結婚情報サービス会社の場合は、利益を追求していかなければ成り立ちませんので、営業を優先していくのは仕方ない

と思います。

それに対して、結婚相談所の場合は、会員様を結婚へ導いて初めてまとまった利益が生まれる仕組みになっているため、

入会促進にはあまり熱心じゃない傾向があるんです。

これは営業重視か成婚重視の違いになります。

つまり、大手結婚情報サービス会社では、営業担当者に入会を強く勧められ、まだ気持ちが固まらないまま勢いで

登録してしまう方が多いというのが現実問題としてあるわけです。

その反対に、結婚相談所では、ほとんど営業らしい営業は行わないため、入会希望者は、皆さん自分の強い意志とや決意

持って自ら進んで会員になる方がほとんどなわけです。(敢えてそういう方だけを対象にしているんですが)

あまり婚活に乗り気じゃない人や、やる気の薄い人に無理に会員になってもらっても、結局は前向きに活動しないために、

結婚まで結びつけるのが大変な作業となります・・

ですから、成果第一主義の結婚相談所は、最初からそのような人を敬遠してしまうことになってしまうんです。

成婚にならないと利益も出ないので、当たり前なのかもしれませんが・・

成婚の確率というのは、会員様の意識の持ち方やモチベーションにも左右されますますから、とても大切なんです。

また、会員様の大きな特徴として、

「入会していることは親には絶対に秘密!」「誰にも入会していることを知られたくない!」という考えの方が圧倒的に多い

大手結婚情報サービス会社の会員様に対して、

結婚相談所の会員様は、「入会していることは親も知っている」「友達にもオープンにしている」とう方がほとんど

というか、身内の方や友人の勧めで入会する人が多く、活動自体にご両親が関わるケースも結構あるんですね。

つまり、結婚意識が強く、積極的な気持ちで活動している人たち同士が出会えば、もちろん良い結果が出やすいということ。

この違いは大きいでしょうね。

そして、大手結婚情報サービス会社からファニーキープスに移ってこられる方というのも、自分で決断し、前向きな気持ちで

自主的に飛び込んでくるわけですから、やはり早い段階で良縁が見つかりやすいのだと思います。

当会は無名の結婚相談所ではありますが、会員様の量と質大手結婚情報サービス会社に負けないと自負しています(笑)

(佐藤)

ページトップへ