恋愛相談・婚活相談|女性から質問の答え方

  • 2016年05月25日

ファニーキープス京都店の結婚カウンセラー小林美佐子は、本来の結婚相談以外にも
長年の業界経験を活かし個人的に恋愛相談や婚活相談を行っています。
 婚活や恋愛の悩み、また結婚に向かっている交際などについて、
いろいろなご質問のご相談が寄せられてきます。
自分ではどう乗り越えたらいいのかわからなかったり、いまさら人に聞けないことがあったり、
迷ってばかりで前に進めない時もありますよね。
そんな皆さんから日々ご相談いただいている内容をここでご紹介し、お答えしたいと思います。
もしかしたらあなたにも当てはまるものがあるかもしれません。
ぜひ今後の婚活のご参考にしてみてください。
 

《42歳 男性の方からのメール相談》

女性からは聞きにくいけど知りたいこと
例えば家族のこと(家庭状況)や経済面などについて
それは、どんなタイミングで言うべきなのかわかりません。
 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 
 

聞かれたときに言えばいいと思います。
ただ、必ず前向きに答える事。
たとえば「貯金っていくらぐらいしてるんですか?」
と、聞かれたとして、今あまりしていないとしましょう。
そういう時は
「今は独身で外食や無駄遣いも多くて月々定額程度の貯金しかできていないけど
結婚が決まったらいろんなことを我慢して結婚のために必要な費用を貯めるつもりです。
こんな性格なんで結婚後は奥さんになる人に全部お任せしたいなーと思っています!」
このように答えましょう
今できていない事に言い訳をしたりごまかしたりするのではなく
今後はこうして行くという具体的な考えを話しましょう。
「今頃遅いかもしれませんが頑張っている途中です!」という伝え方でもいいと思います。

転勤についても
「会社から辞令が出れば断れないけど、その時の状況で単身赴任でもいいし、
美味しい食べ物があったり環境のいい土地ならみんなで行ったり
いろんな選択肢があるのも楽しいかもしれないよ」

などと話せばその時に一番ベストな選択が出来るんだなぁというイメージを持てば「それもいいかも!」
と思われるかもしれません。

家族のことも、
「自分の家族も君の家族も同じように大切にしたいと思っているよ」

というようにいずれも相手が安心できるような伝え方を心がけましょう。

 

尚、個人的に相談してみたいと思う方は遠慮なくご連絡くださいね。

>>恋愛相談、婚活相談について

ページトップへ