結婚するための楽な道と苦労する道

  • 2016年12月28日

当会へ結婚相談に来られる方の中には、かなり切羽詰まったような顔をして駆け込んでくる方も

少なからずいらっしゃいます。

30歳を超えて、ようやく真剣に結婚を考えてご相談に来られるんですね。

身の周りで全く出会いがない、理想的な相手と巡り会えない、恋愛するのが面倒といった理由が

多いように思います。

そのような理由で、今までに結婚するチャンスすらなかったというわけです。

本来、最も結婚チャンスに恵まれやすい若い20代の頃にご縁が生まれなかったということは、

この先はもっと困難な状況が待っているのではないでしょうか。

つまり、今までと同じ考え方や行動の仕方では結婚は厳しくなっていくということです。

楽な道と苦労する道があったとしたら、あなたは今までどちらを選んできましたか?

恐らく、楽な道を選んできたのでは?

漠然と出会いがあることに期待だけしている、相応しい相手が現われるのをただ待っている、

婚活はしているけれど手軽で緩い婚活を少しかじっている、ただ単に自然に身を任せている。

でも、この楽な道を選んで、すんなり結婚ができるとは思っていないはずです。

そうであれば、これからは敢えて苦労する道のほうを選んでいってほしいんですね。

苦労するというのは結婚に向けて積極的に行動を起こすという意味です。

何もしなければ楽でいいのですが、その結果が今の自分に繋がっていると自覚しましょう(笑)

「汗をふく」の画像検索結果

実は、苦労する道を選ぶことにはメリットも多くあります。

たとえば、結婚相談所で精力的に婚活に励む場合。

 

・学ぶことが多い

当然、自ら積極的に行動を起こすわけでから、いろいろ失敗することもあると思います。

しかし、失敗することで学べることは多くあります。

何か失敗すると、反省をするし、2度とヘマをしないように考え、工夫し、努力していきます。

これが、良縁に見つけるためには欠かせないことなんですね。

苦労する道を選ぶ=学びの場、と思って行動していきましょう。

 

・経験が積める

楽なことは、特別なことをしなくて済むため、あまり経験を積むことはできません。

しかし、苦労する道では、楽な道では考えられないくらいに、いろんな経験を積んでいけます。

これが、結婚するための糧になり、間違いのない結婚へと繋がっていくわけです。

楽な方法しか知らない人は、経験を積むことの大切さに気付くと思います。

自分の成長が自分の身を助けます(笑)

 

・時間の感覚がわかる。

楽な道を選ぶと、目標がないため、だらだらしながら無駄に時間だけ消費していくことがあります。

つまり、時間の感覚がわからなくなってしまうんですね。

それにより、婚期が遅れ、とても貴重なを結婚チャンスを逃してしまうかもしれません。

結婚するためには、自分の置かれている状況の変化を見極めていくような「時間の感覚」

身体で覚え込んでおく必要もあるんです。

苦労する道を選ぶと、良いことも悪いことも肌で感じ取れますので、自分で時間感覚を掴め、

現実的な行動を起こせるようになります。

もちろんタイムロスによる危機感はなくなります。

 

年齢が上昇すればするほど楽して結婚できる可能性はなくなってきます。

かといって、苦労する道を選んだから苦労するとも限りません。

結婚という結果のみを追求するならば、結婚相談所が楽な道になることは事実なのです。

>>結婚相談所での婚活に迷っている人

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ