結婚相談所でかかるお金の価値

  • 2016年05月20日

日本の未婚率が男女ともに上昇を続けています。
厚生労働省によると、2010年の生涯未婚率(50歳時点で一度も結婚をしたことのない人の割合)は、
男性が20.1%、女性が10.1%。
2035年にはそれぞれ29.0%、19.2%にまで増える見通しなのだそうです・・
なんと男性の3人に1人、女性の5人に1人が独身のまま老後を過ごす可能性があるということ・・
今や未婚化は大きな社会問題となっているわけです。
うかうかはしていられませんね。

生涯未婚率の推移(出典:厚生労働省)

生涯未婚率の推移(出典:厚生労働省)
 では、今後どんどん増えてくる結婚したくても結婚できない人たちは、一体どうしたらいいのでしょう?
そこで登場するのが結婚相談所です。独身男女のお助けマンです(笑)
婚活の定番といえば結婚相談所というわけですが、これは今も昔も変わりません。
やはり結婚できない人たちにとっては、いつの時代も「最後の切り札」に違いないのです。
ただ、結婚相談所は「お金が高い」というイメージが残っていて、気軽には利用できないハードルの高さを
感じているようです。
「結婚するのに余計なお金をかけたくない」のでしょう。
しかし、そのお金が果たして無駄になるのでしょうか?
 金銭的な価値でいうと、
今の時代、ほとんどの人は車の運転免許はを持っていますよね。
でも、全員が車に興味があるわけではありませんし、どうしても運転が必要というわけでもありません。
現に運転免許を取っても、全く運転をせずにペーパードライバーになる人も大勢にいます。(私もそうですが・・)
それでも、免許を取得するのに何十万円もかけたことを後悔している人は皆無だと思います。
はっきりした目的もないのに、ただ18歳になったというだけでこれだけの大金を簡単に出してしまうんですから不思議です。
また、うまく話せるようになるとは限らない英会話教室、必ず綺麗になるとは限らないエステサロン、
必ず痩せるとは限らないフィットネスクラブ、必ず成績が上がるとは限らない学習塾、など、
先の保証があるわけでありませんが、先行投資としてお金を惜しみなく使っていきます。
必ず結婚できるとは限らない結婚相談所も同じではないかと・・

それなのに、結婚という人生最大の目的達成のために出費することをためらうというのが、やはり不思議なんです(笑)

これからの人生を真剣に考えて、自分自身のために投資するかしないかは人それぞれの価値観です。

ただし、自動車や家電製品などいつかは壊れる消耗品ではなく、お金に代えられない大切なものを手にできることも確かです。
結婚式や披露宴、新婚旅行に何百万円もの大金を費やすのに、それを一緒に行うパートナーを探すためのお金は使いたくない
と考えるのは、なぜなのかな~と個人的には思ってしまうわけです。

ちなみに、ファニーキープスでは、あなたの予算に応じたプランを提案させていただき、支払方法もご相談に応じていますので
決して無理のない範囲で活動していたけるようになっています。
こういったところに融通が利くのも、小規模結婚相談所ならではだと思います。
しかも、返金保証制度もありますから、お金をドブに捨てるようなことにもなりません(笑)
どうぞ安心して結婚を目指してくださ~い。
>>結婚相談所の料金設定の違い

ページトップへ