結婚相談所で複数交際ができてしまう理由

  • 2018年04月18日

効率的に結婚を目指していく結婚相談所では、複数の方との同時交際というケースが少なからず発生します。

複数の方との交際と聞くと「二股みたいなことしていいの?」「それは浮気にならないの?」と思われるかもしれません。

結婚相談所では複数交際が可能という噂を聞き、不思議そうに質問してくる方もとても多いんです(笑)

でも、想像しているようないかがわしい話は全くありません。

まず、男女の気持ちがどうのこうのというより、もっと根本的なところに複数交際になってしまう理由があるんですね。

結婚相談所のシステム上、どうしても発生してしまう可能性があるといったほうがわかりやすかもしれません。

現在の結婚相談所の活動はWEBサイトを利用してご縁をつくっていく仕組みが主流になっています。

簡単にご説明すると次のような流れになります。

・自分の希望条件を入力してお相手を検索

・気に入ったお相手にサイト内でお見合いのお申し込み

・申し込んだり、申し込まれたらお見合いOKかNGのお返事

・お見合いOKの場合は双方の日程調整

・お見合い終了後に交際OKかNGのお返事

・お互いに交際OKの場合は連絡先交換

・真剣交際になったら交際中マークを表示

このようにお相手探しから交際に入るまでの過程がWEBサイト内で行われます。

そのため、会員様は随時お見合いのお申し込みをしたり、自分のタイミングで返事をしながら活動する形になります。

仕事で忙しく多くのお見合いの返事をまとめてしたり、自分の希望に近い方から優先的に申し込みの返事をしたりと

必ずしも順番にお見合いの返事をするわけではありません。

また、先にOK返事したお見合いが双方の都合でかなり先の日程になったり、後に返事したお見合いが早く組まれたりと

いろいろ順番が入れ替わったりもするんです。

そんな活動状況になると、「他の方ともお見合いは決まっているけど、今日の方が良い人だったから交際してみたい」

というケースも多々できます。

それで、「とりあえずは並行して決っているお見合いを行いながら、この交際も進めていこう」となるわけです。

そして、「一応交際中だけど、今日お見合いした方ともフィーリングが合ったので少し交際してみたい・・」

となることも大いにあります。

自然な流れで複数交際になってしまってからも、また次々と素敵な方からお見合いのお申し込みが入ったり、

新規で自分の希望通りの方が入会してついお申し込みしたり・・と、

どこかで自分なりの交際基準や活動期限を決めないと、この状況が延々と繰り返されることになります。

このような状況で生まれるのが、複数の方との同時交際です。

「二股」の画像検索結果

結果的には、同時期に出会った方々とお付き合いし、その中で最も結婚を考えられる相手1人と本格的に交際をする

という流れになります。

ですので、複数の方との同時交際が発生するのはシステム上、どうしても仕方のない面もあるんです。

そして、本格的に交際に入った場合に「交際中」のマークをつけ、公に交際していることを表示する設定を行います。

こうすることで、WEBサイト上のプロフィールが非公開となり、会員様自身で新たなお見合いを申し込んだり、

お見合いを受けることができなくなるため、1人の決まったお相手との真剣交際に集中できるようになります。

このような理由で仮交際が成り立っていくことがありますから、誰も「二股」とか「浮気」といった概念にはなりませんし、

また、会員様も複数交際はシステム上起りえる事象と捉え、あまり大きな問題として考えることもありません。

結婚相談所ではお互い様という感覚ですね(笑)

むしろ、効率的に自分に最も相応しい相手を見つけることができるシステムがあるという点が結婚相談所の大きなメリット

と考えて登録される方が増えています。

皆さん早期の結婚を望んでいるわけですから当然のことだと思います。

>>結婚相談所の出会い・交際・成婚に至るまでの過程

ページトップへ