結婚相談所のホームページやブログでの宣伝

  • 2018年01月28日

近年は、結婚相談所の連盟のテコ入れもあり、毎年数え切れないほどの結婚相談所が新しく開設されています。

ピンからキリまで結婚相談所は乱立ぎみです。

そうなると当然過当競争となり、結婚相談所の宣伝や広告もヒートアップしていきます。

ホームページやブログで「これでもか」というほど興味をそそる文面や魅力的なメッセージが躍っています。

その宣伝方法で多いのが、現会員様や成婚退会した元会員の方を利用するパターンです。

ホームページやブログで会員様の活動についての感想や成婚者のコメントなどを大きく掲載しているわけですが、

これは明らかに人寄せの宣伝効果を狙ったものです。

会員様にお願いし感想文を書いてもらうのですが、もちろん活動が不調だったり、何かと不満を持っている方に

お願いできるはずがありません。

必然的に活動が順調で結婚相談所の担当者とも良好な関係が築けている会員様にお願いすることになりますので、

当然ながら良い感想や喜ばしい感想だけが集まることになります。

他人が、その良いことばかり書かれた文章だけを読めば「なんて素晴らしい結婚相談所だろう」と思うのは当り前ですね。

ただし、これはあくまでも集客するために用意された宣伝素材ですから、これだけでは実情はわかりません(笑)

中には、素人には絶対書けないような抜群に素晴らしい文章も存在しますよね。

これが本物ならプロのライター並です(笑)

また、結婚相談所のホームページやブログで成婚された会員様の「アンケート」というのもよく見かけます。

これも宣伝用として結婚相談所のほうで直々にお願いして書いてもらったアンケートになります。

もちろん直々にお願いされて悪いことを書けるわけがありません。

ましてや謝礼などあれば、めいっぱい賞賛するしかありません(笑)

このように半ば強制的に収集した会員様や成婚者の声というのは結婚相談所の真実の姿を物語っているかどうか

少々疑問が残りそうですね。

集客の基本ノウハウに「お客様の声を集める」というのがありますが、結婚相談所もこの鉄則を忠実に実行している

ものと思われます。

でも、本来は宣伝目的で能動的に集めるのではなく、何もしなくても自然と集まってくる会員様や成婚者の声のほうが

信憑性もあり、本当の結婚相談所の姿を写し出しているのではないでしょうか。

関連画像

結婚相談所のホームページやブログに、他の結婚相談所の考え方ややり方を否定したり、非難するような表現が

見受けられることがあります。

これは他社の印象を悪くすることで、いかに自社が「まっとうな結婚相談所」であるかをアピールする狙いがあります。

大きな宣伝効果はあるかもしれませんが、ただ、その事実も不明ですし、自社を正当化する根拠もないわけですね。

完全に一方通行の自己主張にすぎません・・

結婚相談所業界というのは、同業他社とも協力しながら会員様のご縁をつくっていく仕組みになっていますので、

いくらライバルといえども常に手を取り合って仲良くしていかなければなりません。

その同業者に対して否定的だったり非難や批判したりする行為は、自社の首を絞めることになるんです。

当然ですが、そのような行為を平気でするような結婚相談所には良い印象は持ちませんし、むしろ敬遠される傾向が

ありますから、他の結婚相談所との繋がりも徐々になくなっていくわけですね。

そうなると、会員様にご紹介できる相手も少なくなりますし、お見合いの数も減ってしまうことになります・・

つまり、結婚相談所が自身の会員様のご縁を潰している結果になってしまうのですから、目も当てられません。

それを知らずに、このような自己中の結婚相談所に入会してしまうと悲劇ではないでしょうか(笑)

ですから、たとえばブログで、「他はあーだこーだ、うちはこーだ」「他がおかしい、うちが正しい」などと

他社と対比して自画自賛しているような結婚相談所だと注意が必要かもしれませんね。

恐らく、他の結婚相談所と良好な関係が築けなくなってしまう可能性があると思います。

いくら競争が激しいからといって、本来は自社のリスクになるような宣伝方法は控えたほうが賢明なのですが、

それすら認識できない結婚相談所も割とあるので、他人事ながらとても残念な気持ちになります(笑)

やはり同業他社と上手く協調し、信頼関係をしっかり結んでおけるところが成婚も多く出せるわけです。

また、よくあるのがブログなどで、「続々と入会しています!」「こんなにも素晴らしい人たちが登録しました!」

「今月もどんどん結婚が決まっています!」「成婚ラッシュです!」的に成果や実績をアピールしているケースも

非常に多いのですが、これは間違いなく話を盛っています(笑)

全くの嘘ではありませんが、大抵は、1組でも成婚カップルが誕生すれば、こんな感じで宣伝として使うかと思います。

婚活ブームとはいえ、どこの結婚相談所も生き残るのに必死で、何とか入会者を増やすための努力をしているわけです。

ホームページやブログを使い、宣伝方法を工夫し、いかに自社が素晴らしいか優れているかをPRするのは常識です。

でも、そこだけを信じて結婚相談所を選択してしまうと思わぬ落とし穴が待っているかもしれません・・

ホームページやブログに躍っている興味を煽る文面や魅力的な言葉は、あくまでも「宣伝のため」と考えておきましょう。

ページトップへ