お見合いで聞き上手になるには

  • 2021年03月5日

結婚相談所のお見合いの基本的な会話の構成というのは、一方が質問し、それに受け答えしていく形になります。

そこから話のネタが派生し、話題が広がり、会話のキャッチボールへと繋がるんですね。

ただし、楽しい会話が成立するためには、下ごしらえが必要なんです。

その下ごしらえに一番大切なのは、「聞き上手になる」ということです。

聞き上手になることは恋愛するうえで欠かせないポイントというのは、いろいろなところで言われていますが、

やはりお見合いにも当てはまります。

多くの場合は、男性主導で会話が進んでいくと思います。

そのときに、単純に「はい、いいえ」を繰り返すだけだったり、ただ「うんうん」と小さくうないているだけでは、

男性に「お見合いに気が乗っていない」と思われて、テンションを下げてしまう可能性もあるわけです。

そうなると会話のキャッチボールどころか沈黙の時間が長くなったり、無言が続いてしまいような事態に陥ることも・・

シラケた雰囲気のままお見合いが終了すれば、仮交際という次のステップに進むことはほとんどありません。

ですから、男性が喜ぶ聞き上手のテクニックをマスターして、まずは自分の好感度をアップさせることに尽力しましょう。

お見合いで聞き上手になるには下記のようなコツがあります。

 

1,ナイスリアクションの「あいうえお」

「あぁ〜!」「いいですね~!」「うそ~!」「えぇ〜!」「おぉ〜!」です。

少し驚いた感じでリアクションしてみましょう。

この明るいリアクションを見て、男性は「興味を持って話を聞いてくれている」と思い、とても嬉しくなるんです。

 

2,褒めを表現する場合の「かきくけこ」

「かっこいい!」「きまってる!」「ぐっとくる!」「けっこういい!」「これですね!」です。

笑顔で言葉に力を入れて言ってみましょう。

ポジティブな言葉を投げつけられると、男性が褒められていると思い、気分が良くなりハイテンションになるんです。

 

3,興味を示す場合の「さしすせそ」

「さすが!」「知らなかった!」「すごい!」「ぜひぜひ!」「そっか!」です。

話に共感するような反応をしてみましょう。

自分の話に共感し同調してくれるだけで、「何となく僕に関心がありそう」と思い、どんどん元気が出てくるんです。

 

 

お見合いで好感度をアップさせる要因は、ルックスや人柄だけではありません。

会話力のある女性は男性のイメージも非常によく、「こんな楽しい女性と交際したい」と思われることが多いんです。

見た目があまりタイプではなくても、会話によって惹かれてしまうことがあるわけです(笑)

会話力を身につける第一歩は「聞き上手」になること。

男性と楽しい会話のキャッチボールができる人というのは、間違いなく聞き上手なんです。

少しオーバーなくらいにうなずいたり、テンポよく相槌を打ったりと相手の話に合わせ上手にアクションを起こします。

もちろんお見合いに限ったことではなく、聞き上手になることは男女間のコミュニケーションにおいて必要な要素です。

また、女性ばかりではなく男性も同じく聞き上手にならなければなりませんよ。

お見合い現場でよくあるのは、相手に一生懸命話しかけているのに反応が薄い、いろいろ質問しても淡々と答えるだけ、

ただ黙って話を聞いているだけといったケースです。

もしかしたら凄く緊張しているのかもしれませんが、相手には良い印象に映らず、結果「フィーリングや性格が合わない」

と交際お断りの返事をもらう羽目になると思います。

極端な話、初対面のお見合いにおいても、聞き上手か否かが自分の人生に大きく影響すると言えるのではないでしょうか。

ぜひ率先して聞き上手になり、男性との会話術に磨きをかけて、結婚相談所の中でもモテる女性を目指してほしいですね(笑)

ページトップへ