優秀な結婚相談所の探し方のキーワード

  • 2021年02月24日

現在、新しく開業される結婚相談所もどんどん増え、大小合わせて多種多様な結婚相談所が乱立しています。

そうなると独身者が困るのは「優秀な結婚相談所の探し方」ではないでしょうか。

結婚相談所の探し方や選び方というのは、いろいろな結婚相談所のホームページやブログ、婚活情報サイトなどにも

書かれていますが、ほとんどは「直接担当者の話を聞いて、自分に合っているところを選びましょう」といった

通り一辺倒の話になっているようです。

でも、自分に合っているかどうかは、実際にお金を払って入会してみないとわからないわけです(笑)

ですので、まずは結婚相談所の仕組みや機能や構造といったハード面からリサーチして参考にするしかありません。

このハード面が優れているとおのずとお見合い数、交際数、成婚数などの実績に反映されます。

つまり、実績を作り出すために必要なハードをどのように取り入れているかが結婚相談所の探し方のキーワードになる

と思います。

簡単に言うと、その結婚相談所がどの連盟に加盟しているか、どこの団体や協会に所属しているか、です。

昔と違い、今の結婚相談所はほぼ全て、どこかの結婚相談所の組織に加わりグループ化されているんですね。

そして、その組織の中で結婚相談所同士が手を取り合って成婚を生み出していくのですから、どこに加盟しているかは

優秀な結婚相談所を探すうえで非常に重要になります。

 

その指標の1つとして下記のようなデータがあるんです。

日本結婚相談所連盟(IBJ)は、2020年は9,732組(19,464名)の成婚を創出したそうです。

状況によってオンラインとオフラインのサービスを併用し、1万組に迫る過去最高の成婚カップルが誕生したのだとか。

これは、多くの連盟や協会がある中でも断然高い数値なんですね。

日本最大級の結婚相談所ネットワーク「IBJ」は、圧倒的な会員数(約7万人)と独自の成婚メソッドを波及させることで

2027年までに『日本の婚姻組数の5%』にあたる成婚数向上を目指した中期経営計画を掲げているようです。

これは恐らく他では真似できないことではないでしょうか。

>>日本結婚相談所連盟(IBJ)の出会いや成婚について

 

これはつまりどういうことかというと、優秀な結婚相談所の探し方のキーワードは、

「IBJのネットワークを利用できるかどうか」

 

結婚相談所に入会したときに、IBJのITプラットフォームにプロフィールが登録でき、IBJの会員システムを使える

ということであれば、自分自身の成婚率は非常に高くなるはずです。

要するに今の結婚市場においては、IBJの紹介ネットワークは欠かせないものとなっていて、確実に結婚を目指す際には

IBJを利用できる結婚相談所に大きなアドバンテージがあるということです。

結婚相談所業界の勢力図から見ても、老舗の大手結婚相談所サンマリエや全国に50店舗を展開する大手結婚相談所ZWEI

などもグループ化しており、他にも知名度のある結婚相談所の多くが参画していますから圧倒的なんですね。

 

もしこれから結婚相談所で婚活しようと考えた場合は、IBJへの登録は外せないのではないかと思っています。

ましてや同じくらいの費用を払うのであれば、IBJでもご縁をつくれたほうが、かなりお得感ではないでしょうか(笑)

当会ではそれが可能なので、他の結婚相談所と比べても成婚率は高い部類に入るようです。

優秀な結婚相談所の探し方はいろいろあるでしょうけど、現代においては「IBJ」が1つのキーワードになっていることは

間違いないと思います。

ページトップへ