小さな結婚相談所に登録したところ

  • 2018年12月6日

先日、知り合いの方からちょったしたご相談を受けました。

今年で35歳になった娘さんがいるお母さんなのですが、相談内容はもちろん子どもの結婚のことです。

娘さんは、なんでも以前2回ほど結婚相談所に登録した経験があるんだそうです。

ところが、その2つの結婚相談所がいずれも廃業あるいは閉鎖されてしまったのだとか・・

両方とも個人経営の小さな結婚相談所だったそうなんですけど、これはかなり不運ですね。

35歳までには何とか結婚させたいと思っていたのに会期途中で退会する羽目になり困ったと嘆いていました。

どちらの結婚相談所もこれといったご縁がほとんどないまま終了してしまったようです。

自宅や勤め先から近いというだけの理由で結婚相談所を探した結果の悲劇かもしれません・・

つまり、結婚相談所を見る目がなかったわけです(笑)

この2つの結婚相談所とも、どうやら営業を始めてそれほど年月の経っていない割と新しい結婚相談所みたいですから、

やはり結婚相談所を選ぶときは、経験や実績なども考慮しなければなりませんね。

関連画像

そんなわけで、当会ならよく知っていて信頼もできるため「安心して娘を預けられるので、ぜひお世話してほしい」

とのことでした。

自宅からは少し距離が離れているのですが、今の時代は結婚相談所に足繁く通っていただく必要はありませんので、

何も不便を感じることはないんです。

その辺のシステムを詳しく説明すると、「そういう活動ができるなら最初からお願いしておけば良かったわ」

と笑いながらも後悔していました(笑)

ただ、娘さんは2度も苦い経験をして少しトラウマになっているため、イマイチ気が乗らない様子なんです・・

でも、お母さんは「すぐにでも結婚させたいので、ぜひお願いします!」という感じなんですね。

「今度の結婚相談所は絶対大丈夫だから」と娘を説得すると言っていました(笑)

何はともあれ今度は娘さんとお会いすることになりそうです。

婚活ブームでビジネスチャンスとばかりに結婚相談所というのは毎年たくさん誕生するのですが、

それと同じくらい毎年たくさん消えていくというのも事実なんです。

経験も知識もノウハウもない人までも簡単に開業できるため、その場合はやはり途中で営業が難しくなってしまい

早々に結婚相談所経営に見切りをつけるのだと思います。

ですから、表向きのイメージだけで入会を決めるのも考えものかもしれませんね。

もちろんこれは小さな結婚相談所に限ったことではありませんが。

ページトップへ