結婚相談所で活動する前に心得ておくこと

  • 2021年03月13日

結婚相談所はマッチングアプリよりも確実に短期間でゴールまで進む印象もありますが、ただ、結婚相談所で婚活すれば

必ずしも結婚できるというわけではありません。

そこを勘違いして安易にスタートさせると「こんなはずではなかった」と一気に気持ちがしぼんでしまうことがあるんです。

これは婚活疲れを起こす原因にもなります。

そうならないためにも、結婚相談所で活動する前に心得ておくべきことを正直にお伝えしたいと思います。

最初の心構え1つで結婚の可能性が高まることもありますから、ぜひ知っておいていただきたいですね。

 

1.活動スタート時ほど多くのチャンスが待っている。

結婚相談所で活動していればコンスタントに多くのチャンスが生まれるものと思っている人もいるようですが、

実際には活動をスタートしたばかりの頃が最も多くの出会いが見込めるんです。

新会員としてピックアップされるため、既存会員様の目に留まりやすく、注目度も断然高くなりますから、

お見合いの申し込みが集中する傾向があるんですね。

そうするとやはり自分の希望条件にマッチしている人を多く含まれていますので、このときが最大のチャンスになる

と思います。

「後々もっといい人が現れるかもしれない」と過剰に期待して、みすみすこの出会いのチャンスを放置してしまうと

後々後悔することにもなりかねません。

員期間が長くなるにつれてお見合いの申し込みは自然と減ってくるんです。

となると当然自分の希望にマッチした人からの申し込みも減ってきますから、自ずとチャンスが少なくなってしまいます。

ですので、最初が肝心なんです!

結婚相談所に登録したから安心とあまり余裕を持つことなく、スタートダッシュこそが重要だと心得ておきましょう。

 

2,自分の身の丈を知ってあまり多くを望まない。

活動する前にはそれほど多くの希望がなかったはずなのに、たくさんの出会いがあり、いろいろな人を見ていくうちに

だんだん条件が高くなっていくことがあります。

予想外に多くのご縁が望めるとわかると心にも余裕が生まれ、相手を選びたいという欲が出てくるんですね。

つまり、人を見れば見るほど目が肥えてきて、知らず知らずに高望みになってしまうわけです。

そうなると不動産の物件選びと同じで、求める条件が増えれば増えるほど希望の相手は見つからなくなってきますし、

たとえ高条件の相手が見つかったとしてもミスマッチが起こり、思うような出会いがなくなってくる可能性があります。

また、全てが整っている良い物件は競争倍率が高いこともお忘れなく(笑)

ですので、何が何でも理想を追求するスタンスではなく、自分の身の丈を知ってあまり多くを望まないことが大切なんです。

世の中に完璧な人間は存在しませんので、自分とのバランスを考えて謙虚に相手を探したほうが成婚しやすくなります。

やはり結婚相手ですから、人柄を尊重しハートの部分で判断していかなければ幸せのはなれないと思います。

誰でも極力早い結婚を夢見ているはずですから、理想を高く設定するごとに時間を損失すると心得ておいてください。

3.よほど大きく外れていない人以外はとにかく会ってみる。

自分の希望条件には当てはまっているのに、プロフィールの写真でパスしてしまうのは非常にモッタイナイことになります。

見た目がタイプではないという気持ちもわかりますが、たまたま写真の印象がよくなかったり、雰囲気が違う場合もあるため

実際に会ってみたら全くイメージが変わり、その場で気に入ってしまうケースもよくあるんですね。

他にも希望条件から僅かに外れていたくらいで出会いを潰していくと、本当に心の通じ合う相性抜群の相手を逃してしまう

可能性があると思います。

希望とする年齢と1歳違っただけ、身長が1㎝違っただけ、収入が数万円低かっただけなどの理由で足切りしていたのでは

ベストパートナーに巡り会う確率が大きく減少してしまうわけです。

そこをほんの少しだけ我慢すれば将来が凄く明るくなるかもしれません(笑)

要するに、会わなければわからないことはたくさんあるのですから、多少のズレなら受け入れることが必要なんです。

そもそもお見合いをしたからといって結婚が決まるわけではなく、交際が成立しなくても縁がなかっただけで済みます。

ですので、よほど大きく希望と外れている、どうしても無理という以外は、とにかく一度会ってみることが得策なんです。

少しは妥協しなければ「本当にいい人」と巡り会えないと心得て前向きに活動していきましょう。

 

4.他にもライバルがいると考えながら行動する。

結婚相談所は、積極的に婚活に励んでいる人たちの集合体です。

そうなると当然ながら他の同性の人たちは、皆ライバルになり得るわけです。

たとえば、いくら交際中であっても、自分にお見合いの申し込みがくるように、相手にもお見合いの申し込みが入りますし、

真剣交際でなければ並行して他の人とも会える仕組みになっているのが結婚相談所なんです。

これはどういうことかと言うと、「この人」と思うような相手が見つかっても、いつライバルが出現してもおかしくない

ということになります。

ですので、順調に交際が進んでいるからと安心して手を抜いたり、油断して気を緩めたりしてはいけません(笑)

常に1つ1つの出会いを大切にしていこうという気持ちを持ち続け、前向きに真剣に相手と向き合っていくことが肝心

なんです。

仮交際だからと相手の存在を軽くみていると、その気になったときには既に他の人へ気持ちが移っているなんてことも・・

婚活には競争がつきものと思って、結婚前提の真剣交際に入るまでは相手の気持ちを引きつける努力を怠らないように!

結婚相談所に登録したときから、見えないだけで意外とライバルはいっぱいいると心得ておかなければなりません。

 

この他にも結婚相談所で活動する前に心得ておくことはいろいろありますが、当会では入会時の打ち合わせのときに

心得や心構えをレクチャーしていきます。

事前にそこがわかっていると、結婚相談所の活動は効率的に進められ、早い段階で成果に結びついていくんですね。

なので、期待値だけ大きく持ちすぎて、しばらく活動してから落胆したり、後悔することはありません(笑)

ページトップへ