結婚相談所の出会い・交際・成婚に至るまでの過程

  • 2017年05月31日

満たされた心のまま婚活を卒業してみましょう

もし、あなたが純粋に恋愛して、その延長戦上で運命に導かれるままに結婚したいと考えているなら、

結婚相談所での結婚というのは何となく作られた出会いや交際によって導かれるようなイメージになり、

少し敷居が高い感じがして、婚活が初めての方はなかなか登録しづらいかもしれませんね。

何か厳しいルールや規制があったり、スタッフの指導やアドバイスを受けながら活動を進めていくようで

どうしても気が重くなるかもしれません・・

しかし、日常で起こるような恋愛が結婚相談所の出会いの中にあるなら、もっと気楽に活動してみよう

と考えられるのではないでしょうか。

当会は、会員様の考えを尊重し、活動スタイルをバックアップする自由度の高い結婚相談所です。

ですから、「とにかく成婚させてしまえばいい」という利己的なスタンスを取ることはありません。

むしろ、堅い結婚相談所の出会いとはいえ恋愛なしに結婚は成り立たないと考えています。

そこで、まず結婚相談所の出会いでは、どのような過程で交際から成婚に至るのかをご説明いたします。

1.出会い

相手の仕事、経歴、属性、性格などの情報を収集します。

パートナー候補のプロフィールを見て情報を集め、希望に合致する気になる相手が見つかれば

実際にお見合いをし、会話の中から更に相手の情報を収集していきます。

2.交際初期

相手の情報を念頭に置き、実際にデートを重ねて、より深く相手を知っていく期間です。

この時期に相手とどんな風に関係を温めたかによって恋愛感情が湧くかどうか左右されます。

お互いに少しでも好意的な感情が生まれれば、交際は継続されていきます。

3.交際中期

2人の間に恋愛感情が芽生え、「この方が運命の人かも」と思うようになります。

交際は加速し、結婚についての話し合いも始まり、信頼関係もできあがってきます。

様子見のデートの状態から親密度を深めていく濃いデートへと変わります。

4.交際終期

結婚へ向けて具体的な話が進み、相手の心情や双方の家族などの周りの反応を見みながら

あらゆる角度から最終的な判断をします。

お互いに心を開いて何でも話し合える関係性が築かれます。

5,成婚

2人で気持ちを固めます。最後の結婚の決め手は恋愛と何も変わりません。

もちろん恋愛感情があって初めて結婚が成り立たちます。

結婚相談所における結婚過程は、出会いから成婚までは交際期間3カ月~半年が基本ラインになります。

このプロセスで大切なのは、交際初期に気合いを注入し、交際中期の密度を濃くするということです。

つまり、交際開始時からしっかりコミュニケーションをとり、相手を十分理解しておくことが必要になります。

たとえば、会ってすぐに「この人が運命の人だ!」といきなりピンと閃くケースがほとんどないのと同じで、

どんな出会い方でも相手をよく知って、理解した上で訪れるのが恋愛感情なんです。

結婚相談所によっては、この過程を踏まないうちに、定められた交際期間に従って結婚の意志を判断したり、

決断を求めたりするところもあります。

交際中期や終期といった過程を省略されてしまう可能性があるわけです。

これでは恋愛結婚という感覚にならないのも当然のことでしょうね。

結婚相談所が、敷かれたレールの上に乗って結婚を目指すものという恋愛と無関係なイメージになるのは、

そのためかもしれません。

もし、あなたがファニーキープスで活動することになったとしたら、

お見合いは「恋愛するための出会いの方法の1つ」、交際は「結婚へ向けて愛を育む手段」と考えてください。

お見合いから結婚まで進むまでのプロセスは、恋愛結婚と全く同じなんです。

そして、当会ではあなたの気持ちを優先しますし、2人の恋愛を応援します。

恋愛感情のない2人を強引に成婚に結びつけるような手荒なことはいたしません(笑)

きっちりと恋愛結婚していただきます!

>>楽して結婚を目指すには

 

 

 

 

ページトップへ