結婚相談所の年の差婚

  • 2021年09月19日

芸能界では、ときどき年の差婚というのが話題になりますよね。

ほとんどは男性が自分より一回りも二回りも年下の女性と結婚するパターンです。

中には、親子以上に年の離れたカップルが誕生することもあり、中高年の独身男性に夢を与えてくれます(笑)

当会でも、以前48歳男性と31歳女性の17歳差という年の差婚がありました。

このときは、とくに男性が若い女性との結婚を望んでいたわけではありません。

男性は、結婚するならなるべく若い女性にこしたことはありませんが、最初から年の差婚は無理だろうと考えていたため、

対象者をアラフォー以上の女性に絞ってお見合いを重ねていました。

ところが、本当に偶然の巡り合わせというか、ご縁だったんです。

お見合いを申し込んできたのは女性のほうでした。

男性としては、全く想定外のことに驚き、お見合いを少し躊躇していたんです。

たとえお見合いしても話が噛み合うかとか、フィーリングや感覚が合うかとか、散々考え込んでいました。

ただ、こんなラッキーなことはそうそうないと思い、とりあえず一度会ってみようとなったんですね。

でも、そんな悩みは取り越し苦労で、当日は会話が弾み、意外と気が合い、お互い何の違和感もなく交際に突入したんです。

恐らく男性は、見た目はもちろん話し方や感性も若々しいので、それほど年の差を感じなかったのだと思います。

交際がスタートしてからも不思議と気が合ったようで、4カ月もするとあっさり結婚が決まったんです。

彼が「この大きなチャンスを逃したらずっと後悔する」と思い、かなりエネルギッシュに交際をリードしましたし(笑)

見事にプロポーズが成功すると「まさか結婚相談所で若くて綺麗な女性と結婚するなんて全く想像していませんでした」

と思わぬ幕切れに非常に喜んでいました。

このまさかの年の差婚にもっと驚いたのは彼のご両親でした。

結婚相談所の入会を勧めたのはご両親だったわけですが、いざ年の離れた若い女性との結婚が現実的に近づいてくると

しばらくは信じられないという感じで、何度か当会に「どんな彼女なのか」を確認してきたくらいです。

なぜなら、彼は普通の地方公務員で、大物芸能人のように地位も名声も財産もあるわけではありませんからね(笑)

 

実は、結婚相談所で年の差婚はとても珍しいんです。

結婚相談所に入会するときに結婚相手に求める希望条件を聞くと、男性は年の差OKで年下であれば年齢は気にしませんが、

女性は基本的には年齢が近い人を望み、年が離れている男性との結婚は敬遠する傾向があります。

ですので、お見合い相手を探す段階で条件がマッチせず、年の差のある男女は簡単には出会えないわけです。

ただし、誰でも最初は理想があるため条件に合った相手を探すのですが、活動していく中でいろいろな思いや気づきがあり、

徐々に希望条件が緩くなっていくことがあるんですね。

たとえば、最初は8歳年上の男性までOKとしていた女性が、15歳以上も年上の男性からお見合いの申し込みが入り、

年齢以外の条件で何か惹かれるものを感じてお見合いを受けるケースも少なくありません。

あるいは、女性に拘りの条件があり、その条件を満たしていれば年齢は気にしないということもあります。

もちろん中には、「頼りがいのある年上の男性がいい」と敢えて年の差のある相手を探している女性もいます。

言えるのは、結婚願望の強い多くの独身女性が婚活している結婚相談所では何が起こるかわからないということです。

ましてや若い女性との結婚を夢見ている人は、身の回りで年の離れた年下女性を探し回るより、結婚相談所で探したほうが

年の差婚できる可能性は高くなるのは間違いありません。

とくに女性の国籍を問わないというのであれば、飛躍的に年の差婚の確率が上がると思います。

外国人女性は、それほど年齢やスペックなどの条件に固執しませんので、20歳以上の年の差婚もちょくちょくあるんです(笑)

当会で年の差婚となった彼の場合は、女性が趣味のツーリングでお相手検索をしたところ彼のプロフィールが目に付き、

他にも共通点がいくつかあったため、あまり年齢差を気にすることなく気軽にお見合いを申し込んだようです。

彼は爽やかなスポーツマンタイプなので、もしかしたら若々しい見た目もタイプだったのかもしれませんね(笑)

いずれにしろ普通に生活していたら絶対ありえないご縁だったと思います。

今より出会いの幅を広げることで思いがけないご縁が生まれるということを証明してくれたようなものです。

当会のような多種多様な紹介ネットワークがある結婚相談所なら、どんなに高望みであっても可能性はゼロではありません。

ですので、諦めずに年の差婚も狙ってみてもいいのではないでしょうか。

 

ページトップへ