結婚相談所の担当者のアドバイスによっては

  • 2021年02月4日

今年に入り、他の結婚相談所で活動中の方が当会へ移ってこられるケースが続いています。

その理由を聞くと皆さん大体同じなんですね。

結婚相談所の担当者のサポートやフォローが物足りないというか心もとないというか・・

40代女性の話では、担当者への連絡や相談事はラインでしか受け付けておらず、直接アドバイスしてもらえなかたそうです。

どんなに困ったことや悩みがあっても全てライン対応。

しかも、ライン上のアドバイスもありきたりの内容が簡単に送られてくる程度だったため、常にモヤモヤしていたようで・・

直に相談に乗ってもらったり、悩みを聞いてもらえなければ機械的な冷たいサポートに感じるのは当然ですよね。

そのため彼女は、だんだん担当者に連絡をするのも面倒になってきて、何かあっても全く相談しなくなったそうです。

これでは当然活動がうまくいかず、婚活のモチベーションも急降下していき、「これでは結婚相談所へ入会した意味がない」

と思い始めて当会へ面談に来てくれました。

当会では直接会って相談に乗るのはもちろんのこと、電話やオンラインでもいつでもOKと伝えると感動していました(笑)

やはりメールやラインの文字だけで微細なアドバイスまではできないので、当たり障りのない内容になるのだと思います。

せっかく結婚相談所にお世話になろうと決めたのですから、ヒューマンタッチな親身なサポートを求めるのが普通では?

ラインを使った友人レベルのアドバイスでは、あまりにも頼りないと感じたのではないでしょうか(笑)

30代の男性からは、担当者は電話でもきちんと対応してくれるけれど、ただ、納得できる的確なアドバイスがなかった

とのことでした。

何かあると小さなことまで相談していたらしいのですが、いつも当たり前に思える薄いアドバイスをされるだけだったため

何か物足りなさが残ったんだそうです。

これではなかなか問題が解決せず、そのたびに何度か相談しても毎回マニュアルのような同じアドバイスの繰り返しなので、

徐々に不満が溜まってきたようで・・

また、電話の応対も面倒くさそうで、アドバイスもそこそこにすぐ切ろうとする雰囲気も辛かったのだとか(笑)

そのうちに「結婚カウンセラーと言っても、もしかしたら知識やノウハウがないのではないか?」と不安を覚えてきてしまい

「このままでは結婚は難しい」と考えて当会へ面談に来てくれました。

「困る女性」の画像検索結果

結婚相談所のカウンセラーやコンシェルジュや仲人といった担当者のアドバイスは様々だと思います。

恐らく経験や熟練度によって差が出るのではないでしょうか。

たとえば、会員様から「全くお見合いが成立しないのですが、どうしたらいいのでしょう?」という相談があったとします。

その相談に対して「めげずにもっとたくさんお見合いを申し込んでみてください」というのはアドバイスではないんですね。

これは、どうすればうまくいくかという作戦の提示ではなく、何をすればうまくいくかという作業を指示しているわけです。

めげずに一生懸命言われた作業をやり、あとは運に任せる状態です(笑)

これでは申込件数を増やすことが目的となってしまい、お見合い数を増やすことが目的にはなっていません。

つまり、いくらがんばって作業を続けても非効率で生産性は上がらないということです。

会員様へプロフィールの改善を提案したり、申し込みのタイミングを教えたり、ターゲットの選定の仕方をレクチャーしたり

と具体的な作戦を伝えて、ピンポイントでもアドバイスすることが本来の結婚相談所の担当者の役目になります。

たとえば、交際中の会員様から「なかなか2人の距離が縮まっていかないのですが、今後どのようにしたらいいでしょう?」

と相談があったときも同じです。

「マメに連絡を取り合いながら、週一で会えるように時間をつくってください」というのは作業の指示なんですね。

細かく交際状況を聞き、男性心理や女性心理を教えながら具体的なコミュニケーションの取り方や関係の構築方法などを

具体的にアドバイスし、うまくいく作戦を伝授するのが結婚相談所の担当者の役目になります。

作業を指示するのは誰でもできますが、作戦を授けることはプロしかできないのではないでしょうか。

ですので、何か相談したときに作戦よりも作業を言ってくる担当者というのは経験が未熟なのかもしれません(笑)

もし担当者のアドバイスに物足りなさを感じるのであれば、もっと頼れるカウンセラーや仲人を探すのがいいと思います。

ただし、結婚相談所の担当者の経験や実績がどうであれ、とにかく自分と気の合う担当者と楽しく活動をしていきたい

ということであれば、担当者のサポートやアドバイスの中身は気にしなくていいでしょう。

担当者がどんなに優秀なカウンセラーや仲人でも、自分との相性が悪ければ活動のモチベーションを維持できなくなります。

モチベーションが下がり、途中で挫折してしまったのでは当然成婚には至りませんから本末転倒ですよね。

でも、恋愛経験が乏しい方や奥手の方にとっては、結婚相談所の担当者のアドバイスの仕方は婚活の成否に関わるはずなので

とても重要だと思います。

当会ではそんな方に対しては、こつこつ作戦を伝授し、いちいちアドバイスをしていきます(笑)

>>本物の仲人がいる結婚相談所であれば

>>結婚相談所を移りたい方へのキャンペーン

>>結婚相談所を移ってくる方が多い理由

ページトップへ