男性と真剣交際するときの決め手とは

  • 2021年11月1日

仮交際中に男性から結婚前提とした真剣交際を申し込まれたときに、すぐに返答できない女性も少なくありません。

結婚相談所の出会いは、恋愛をすることではなく結婚が目的なので、真剣交際する決め手に悩むこともあるんです。

もちろん好きという感情が先立ちますが、結婚前提の交際ですから、単純にそれだけでは決心できないはずです。

そこで、真剣交際する決め手に悩んだときに重視すべきポイントをお伝えいたします。

 

一緒にいて楽しいかどうか

お見合いで出会って仮交際になっている状態というのは、まだラブラブの恋人同士にはなっていない段階になります。

なので、デートしていて楽しいかどうかを決め手の1つにしましょう。

ときめくほど好きな気持ちはなくてもいいんです。

真剣な出会いは、それだけが交際ではありませんから。

始まりに恋愛感情がなくても、一緒にいて楽しければ問題ありません。

なぜなら、2人で一緒にいる空間に楽しさがあれば、そのうち愛情が生まれてくる可能性が高いからです。

「一緒にいると楽しい!」と感じるからこそ、もっと一緒にいたい、この先もずっと一緒にいたい思うんですね。

もし「一緒にいても楽しくない」となると、真剣交際に入っても段々と冷めてくるはずです・・

幸せな結婚生活に楽しさは必須ですので、真剣交際するかどうかの決め手は一緒にいて楽しいかどうかと言えます。

 

思い浮かべる結婚が一致するか

真剣交際をするということは、生涯のパートナー候補として付き合うということになりますよね。

それならば、お互いに思い描く将来や結婚観が同じである必要があります。

その食い違いが結婚後にわかったら、取り返しのつかない結末になるのではないでしょうか。

ですので、仮交際中にお互いどんな結婚生活を思い描いているのかをある程度は確認しておく必要があるわけです。

もし2人の結婚観や家庭観が一致していなければ、真剣交際に入ったとしても成婚までにはたどり着けないと思います。

恋愛結婚のように徐々にお互いのバックグラウンドや考え方を知り、時間をかけて結婚に踏み切るのであればまだしも、

結婚相談所の婚活で結婚を目指すのであれば、根本的なことを事前に知っておくのは当然のことです。

結婚後はどんな家庭を築きたいのか、どんな生活環境を作っていきたいのかを真剣交際の決め手の材料にしましょう。

 

安心感があるかどうか

仮交際では安心感があるかまではわからないかもしれませんが、真剣交際する上で決め手には外せない部分です。

何度か相手とデートしても一緒にいて居心地が悪く、気が休まらない人との結婚は苦痛でしかありませんからね。

反対に、なぜか昔からの知り合いだったような居心地の良さや安心感を覚える人は、相性が合っているのだと思います。

真剣交際する相手は、素の自分を出すことができそうな人でなければなりません。

それが安心感に繋がるんです。

お互い黙っていても気にならない、長いこと一緒に居ても疲れない、同じスピードで時間が流れている感覚がある人とは、

きっと良い関係を築けますので、それも真剣交際するかどうかの決め手にしてみてください。

お金についての価値観が合うか

お金に対してどんな価値観を持っているか、考え方や感覚が合うかどうかは結婚の際に絶対に外せないポイントの1つです。

これが合わないと、結婚してからお金が喧嘩の原因になってしまうことが多くなるかもしれません。

たとえば、お金持ちでもケチな男性はたくさんいます。

高収入だからといって贅沢な生活をさせてもらえるとは限りませんし、逆に凄い浪費家という可能性もあります。

お金の使い方の価値観が全く合わないとなると幸福度も低くなるはずです。

なので、相手の収入に関わらず真剣交際を考える際は、デートで相手のお金の使い方を観察して金銭感覚をチェックしたり、

結婚後のお金についてどう思っているのかを聞き出してみるといいですね。

お金の価値観を事前に知っておき、もし自分の価値感と合うようなら真剣交際の決め手として考えましょう。

 

手を繋ぐことに抵抗はないか

手を繋いだり肌が触れ合うことに抵抗がないかどうかは、本能的な部分で重要なことです。

もし抵抗があったり、嫌悪感がある場合は、真剣交際はやめておくべきでしょうね。

生理的に無理な人とはデートを重ねたところで解決する問題ではないので、交際を続けても時間の無駄になると思います。

結婚するにあたっては、スキンシップは絶対に無視できない領域だからです。

男性がどれほど自分の求める希望条件を満たしていても、触れることができなければ夫婦関係は成り立ちません。

ですので、真剣交際する条件の中にも「手を繋げるかどうか」を入れてください。

「いつか慣れるはず」と自分に言い聞かせても、我慢すればするほど慣れるどころか余計に嫌になっていくはずです・・

理想ではカバーできないくらい、本能的に無理なものは無理なんです。

そのために真剣交際前に手を繋げるかどうかを確かめることは必要ではないでしょうか。


これらの男性と真剣交際するときの決め手とは、どれも外せないものばかりなんです。

あくまで真剣交際を考える際の見極めですが、結婚を後悔しないためには必要なことになります。

女性は男性よりも現実的なので、将来をしっかり見据えた相手選びをしてほしいですね。

ただ、仮交際中の男性と真剣交際するかしないかの決め手が見つからなかったり、どうしたらいいのか悩んだときには

いつでも担当カウンセラーにご相談ください。

 

ページトップへ