広い新潟だからこそ結婚後の力になる

  • 2016年05月28日

週間東洋経済」と言う雑誌で「生涯未婚」と言う興味深い特集が組まれていました。

その中に生涯未婚率ランキングがあり、なんと新潟県男性は堂々の第7位でした。

住まいや職業により結婚のしやすさ、しづらさにパターンがあり、県民性や職業の特性も

生涯未婚率に影響する・・とデータで示されています。

新潟県は縦に長い地理なので、同じ県なのに高速道路で2時間もかかったり、

区外に出るのに車で20分もかかったり、とにかく移動距離が「長い」と言う印象があります。

東京の人が新潟へ遊びに来たとき「わ~、アメリカみたい!」と広大な新潟平野の田園地帯を

走りながら叫んだと言う話もあります(笑)

そのせいもあってか、男性の中には「新潟市から長岡市までのエリアの人」と限定して

婚活をする人がいます。

中には「交際の移動が面倒だから、交際無しで結婚したい」と言う人まで・・。

ほんの隣の市街地へ行く数十分の交際すら「大変」と。。。

地理的な問題ではなく、本人の性質が大きいのだと信じていますが、

こうした面倒くささも「生涯未婚」のデータに繋がっているのかもしれない・・

と感じた次第です^^;

こんなことを書くと新潟の男性のイメージが悪くなりそうですが、逆にアクティブに

活動している人も当然多いです。

遠距離交際でも、他県の人との交際でも何ともないぞ!とがんばる逞しい人たちが

やはり結婚に結びついて行きます。

結婚後の大変な壁を乗り越える第一歩が遠距離交際だと思えば、結婚後のあらゆる

問題にも向き合って行ける力が培われそうです。

面倒なことの後の達成感は最大の幸せとなることを、新潟の男性に実感していただきたいです。

斎藤

>>新潟でシニアの婚活を応援するシニアパートナーライフ倶楽部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ