恋愛にはないお見合いのメリット

  • 2017年06月19日

若い方に多いのですが、「まだお見合いには少し抵抗がある」と言われることがあります。

恋愛結婚に憧れる気持ちはわかります。

でも、お見合いには恋愛にはないメリットもたくさんあるんですね。

恋愛結婚とお見合い結婚、それぞれに交際期間は違いますが、いづれ結婚を真剣に考える時期がやってきます。

結婚相談所のお見合いの場合は、出会いからプロポーズまでの平均交際期間は約3ヶ月といったところです。

恋愛結婚と比べるとずいぶん短いように感じるかもしれませんが、お見合いは最初から相手の詳細なプロフィール

や生活環境、考え方や人物像などがわかったうえで出会い、交際当初から相手が結婚対象になりえるかどうかを

シビアに観察していますので、3ヶ月も付き合えば自分のパートナーとなる人か、ある程度判断がつくんです。

また、結婚が早くまとまりやすい最も大きな要因は、双方が強い結婚願望を持っているというところでしょう。

ですから、交際期間の目安は3ヶ月~6ヶ月ということになり、このタイミングを逃すとご縁がないものと感じられ、

それ以上長く付き合っていても、結婚まで到達しない可能性が高まるんです。

一方で、現在結婚するカップルの8割以上は恋愛結婚だといわれてていますが、恋愛の場合はどうかというと、

出会ってから結婚するまでの交際期間は千差万別です。

つまり、「こればかりはどうなるかわからない」ということ(笑)

カップルによってゴールまでの道のりは様々で、出会って数ヶ月で結婚を決める人もいれば10年以上交際した末に、

長すぎた春に終止符を打つ・・などというケースも多く見受けられます。

恋愛結婚の平均交際期間は4年と言われていますので、お見合い結婚と比較するとやはりかなりの時間を要します。

また、恋愛でお付き合いしている人がいても、その人と結婚できる保証はありません。

お見合いとは異なり、結婚を目的として交際をしているわけではありませんから、相手との結婚の考え方の違いや

結婚の意識に温度差が生じるなんてことは当然かもしれませんね。

何年も付き合った後で、女性が「そろそろ両親に会ってほしい」と切り出した途端に男性の態度が急に変わり、

「そんなつもりはない」という言葉が返ってきたというような話はよく聞きますが、自分の身に起こらないとは限りません。

もしかしたら似たような経験をした人もいるのではないでしょうか。

20代の若いうちであれば、まだこれから先も結婚の希望が持てるでしょうが、30歳を超えそれなりに年を重ねると、

こういった結末は非常にタイムロスとなり、心身共にダメージが大きくなるのではないでしょうか。

益々婚期も遅くなり、破局した後にまた1から始めるとなると、結婚まではかなり厳しい道のりになるはずです。

確かに恋愛は刺激的で楽しいのですが、あなたがいつか結婚して幸せな家庭を持ちたいのであれば、

結婚の意志があるのか、ないのか、よくわからない相手と長く付き合うことのメリットはないと言えます。

その点、結婚相談所のお見合いは、交際期間の目安を設定し、双方の気持ちや意志を確認し合いながら

担当者のサポートのもと交際を進めていきますので、ダラダラと時間を無駄に消費することにはなりませんし、

メリハリをつけて2人で一緒に結婚を目指していきますので、長すぎた春で終焉してしまうリスクもないわけです。

これはお見合いの大きなメリットになると思われます。

「夫婦で一緒につくったごはん、いただきまーす夫婦で一緒につくったごはん、いただきまーす」[モデル:五十嵐夫妻]のフリー写真素材を拡大

他にお見合いのメリットとして考えられるのは離婚率です。

現代では3組に1組が離婚しているそうですが、お見合い結婚の場合は恋愛結婚と比べてかなり離婚率が低い

というデータがあります。

恋愛の場合は、「恋は盲目」という状態の感情の盛り上がりにより、相手の欠点や弱点が見えなくなったり、

「アバタもえくぼ」で相手の短所が長所に見えたりすることもあります。

そうなると感情ばかりが先走り、冷静な思考が失われることがあるんです。

「好きだからずっと一緒にいたい」という気持ちが強くなり、相手が結婚相手として適任かどうかの判断が欠け、

勢いそのままに結婚してしまうわけですね。

お互いに1番良いところだけを見ていた恋愛期間と違い、結婚とはずっと一緒に生活をすることなのですから、

本来は相手の短所や欠点、癖も冷静に見て許せるか、人間性や価値観を受け入れられるか、

その辺もシビアに見極めていくことが必要になります。

恋愛感情が高まるとそういった判断が甘くなり、勢いのまま結婚した後、少し恋愛熱も冷めてくる頃になって初めて

お互いの短所や欠点などに気づき、価値観や物の考え方にも違いを感じ「性格の不一致」というよくある離婚理由で

結婚生活にピリオドを打つことになるのだと思います。

お見合いはその点、「好き」だけで突っ走ることはありませんので、相手に対する見極めが甘くなることはないはずです。

また、交際スタート時から結婚相談所や親も巻き込んでいくケースも多いので、周囲の第三者のチェックや助言も入り、

常に冷静さを保てる状況にもなるわけす。

お見合いでも恋愛でも結婚相手に相応しいかどうかを見分けるポイントは同じですが、恋愛の場合は、感情に流されて

このポイントを見誤る可能性も高いのではないでしょうか。

そうなると結婚後に「こんなはずじゃなかった!」ということになるかもしれませんね。

もちろん恋愛結婚にもメリットはいっぱいあります。

本気で愛した人と一緒に暮らしていけるんですから、幸せな人生を送れるに違いありません。

ただ、最近では、ゴールが見えない恋愛よりは、真面目に結婚を考えている人とゴールを見据えて出会えるお見合い

の人気が高まっているのも事実なんです。

合理的なお見合いの確実性が注目を浴びているようです。

当会には、「恋人はいる」けれど「結婚相談所にも登録したい」という超現実的な方も多く面談に来られます(笑)

婚活時代では、恋愛の延長が結婚ではなくなってきているのかもしれません。

あなたもお見合いのメリットを真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

>>結婚相談所ファニーキープスのハイレベルなお見合い

>>お見合いを申し込まれる出会い

 

 

ページトップへ