結婚相談所の連盟の数

  • 2018年03月22日

昨日、昨年12月に入会された35歳の男性会員様が成婚となりました。

活動スタートしてから約4カ月ですから、いわゆるスピード婚です。

彼は、2カ月で14人とお見合いをし、その中の1人と2カ月半交際して結婚を決めました。

スピード婚というのは当会では決して珍しいことではありません。

なぜなら、スタートダッシュに勝負を賭けているから(笑)

彼の場合も、最初から当会が加盟している4つの結婚相談所の連盟に登録して、とにかく出会いをたくさん作りました。

ほとんど毎週土日はお見合いとデートです。

このように多くの出会いを一気に作れる仕組みを持っているのが、当会の大きな強みなんです。

とにかく大手結婚相談所の連盟には全て加盟していますので、18万人以上の会員データベースが使えるわけです。

ですから、各連盟のネットワークからコンスタントにお見合いが成立し、トータルでお見合いがどんどん増えていきます。

最近は、1つの大手結婚相談所の連盟に加盟した、フランチャイズに近い形の結婚相談所が続々と誕生していますが、

そういった1つの連盟専属の結婚相談所と比較すると紹介対象となる会員数は何倍も多いことになります。

当り前ですが、そうなれば単純に出会いも何倍にもなりますよね。

出会いが多ければ、比例して交際できる人数も多くなりますし、交際数が多ければ、比例して成婚の可能性も高くなる。

至って当たり前の方程式です(笑)

しかも、出会いが多ければ多いほど理想の相手と巡り会える確率が高くなりますので、結婚の決断も早くできるわけです

「驚くカップル」の画像検索結果

また、結婚相談所の連盟はそれぞれ異なった特徴があります。

紹介システム、会員層、サービス方針、ルールなどに違いがあるんですね。

そうなると、たとえば1つの連盟だけに加盟している結婚相談所の会員様が、その連盟の特徴に合わないとなると

出会いや結婚が厳しくなるばかりか、会員様の活動意欲にも影響が出る場合があるんです・・

また、1つの連盟となると自分の希望条件に合致する相手も底をつき、しばらくすると全くお見合いができなくなることも・・

当会では、そのような不測の事態にも対応できるように各連盟のシステムを上手く使いこなしていくように工夫しています。

ネタ切れになる前にスタートダッシュで決着をつけるのも、その1つです(笑)

それぞれの連盟には長所と短所がありますから、会員様に合う相手が少なくなってきたり、お見合い数が減ってきたり、

システムやルールが会員様に向いてないと感じたりしたときなどは、会員様が利用している連盟のネットワーク登録を

臨機応変にスイッチしながら効果的に会員活動を進めていきます。

もちろん、このような芸当ができるのは複数の連盟に加盟している結婚相談所ならではのメリットです。

「どうせ同じくらいのお金を払うなら、より結婚しやすいサービスがあるほうがいい」と言われる方は非常に多いですね。

比較的新しい結婚相談所というのは1つの連盟のみに加盟して、あらゆる面でバックアップされている傾向があるようです。

経験が未熟な分、親の支援が必要なのだと思いますが、会員様にしたらいろいろな面で不安かもしれません(笑)

連盟が直に結婚相談所を運営しているケースもありますが、これも同様に決められた籠の中だけの婚活になりますので、

ご縁が生まれるチャンスも制限されてしまうと思います。

やはり、思い切って結婚相談所に登録するなら、最初から可能性が限りなく広がる結婚相談所に身を置いたほうが

いいのではないでしょうか。

すぐに手詰まりとなって当会に引っ越して来られる方は、とても多いんです(笑)

>>結婚相談所の団体や連盟のネットワークによって

>>複数の結婚相談所の登録を考えるのであれば

>>結婚相談所の連盟ネットワークが選択できます

ページトップへ