失敗しない結婚相談所選びのコツ

  • 2019年04月30日

結婚相談所の選び方を失敗すると婚活が全く進まず、結婚が益々遠ざかるのはもちろんのこと、

自分の貴重な時間、エネルギー、お金を無駄にしてしまいますので、慎重に見極める必要があります。

ネット上の口コミや評判やおススメを鵜呑みにして、まともに説明を聞かず、よく検討もしないで即決で入会し、

しばらくしてから後悔するケースは数え切れないくらあるんですね。

当会にご相談に来られた方からもしょっちゅう聞く話です。

ですから、特に結婚相談所未経験者は、他人の声に惑わされず、情報に踊らせず、上手に結婚相談所を探しましょう。

ここに「失敗しない結婚相談所選びのコツ」を挙げてみますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連画像

1.法律で定められた契約書等を渡さない業者とは契約しないこと

「結婚相手紹介サービス」は、2004年1月1日から契約前には契約概要を書いた「概要書面」、

契約時には「契約書面」を渡すことが義務付けられました。

中には、これらの書面がないところもあります。

書面があってもクーリング・オフや中途解約等についての法的な記載がないような場合も契約しないほうがいいです。

きちんとした正しい契約書等がないこと自体が法律違反になりますから、そんな結婚相談所は信用できませんよね。

入会の約束をしたら終わりではなくて、必ず概要書面、契約書面を受け取り、内容をその場でチェックしましょう。

もし気になる点があったら、そのときにしっかり担当者に確認しなければなりませんよ。


2.サービス内容や料金体系を確認すること

結婚相手紹介サービスには様々なタイプがあるので、どのようなサービスをどこまで実施してもらえるのか確認し、

自分に合ったサービスを選ぶことが大切です。

サービス内容とともに料金体系も多様化していますので、料金総額だけでなく項目ごとの料金設定や成婚料の有無、

中途解約料なども契約前に書面で確認しておきましょう。

結婚相談所と一口で言ってもシステムやサービス内容により、料金体系も細かな違いがあります。

高額なところはサービスがいいとか、安いところはサービスが悪いなどということでは決してありません。

システムやサービスやサポートの内容に料金が見合っているかどうか、適正かどうかをしっかり判断してくださいね。


3.イメージに左右され過度な期待は抱かないこと

結婚相手紹介サービスは、結婚を約束するサービスではではありません。

ホームページやパンフレットのイメージや勧誘の際の「希望の結婚相手は確実に見つかる」「必ず結婚できる」

といった言葉を信用すべきではないのです。

相手との相性など不確実な要素が大きいサービスであることを念頭におき、過度な期待は抱かないようにしましょう。

やはり、世の中そんな甘い話はないのです。

おいしい話ばかり並べられたら、セールストークだと思って逆に疑ってかかったほうがいいかもしれません。

無責任な言動は、悩んでいる人を思いやる気持ちや誠実さが欠けているので信頼できないと思います。


4.個人情報の取り扱い方に注意すること

個人情報の取り扱いについては、結婚相談所のホームページやパンフレットなどで必ず確認しましょう。

個人情報の取り扱いの記載がないところは認識不足だと思われますので、会員様のプライバシーが非常に心配です・・

個人情報の取り扱いがずさんな結婚相談所も存在します。

結婚という性質上、かなり踏み込んだ個人情報を提出しなければなりませんので、厳重に管理されていないのでは

常に不安が付きまといます。

ときには情報漏えいで大きな問題になることもありますから、事前に結婚相談所に対するチェックの目が必要なんです。


5.同業者の誹謗・中傷が多い場合は、少し距離を置くすること

同業の結婚相談所のことを推測を交えて批判的に話したり、悪口を言ったりする行為は、心に余裕がないからだと思います。

他を落としめて、契約を得ようと考えているわけですから、社会的なモラルも低いと言えます。

ましてや中小の結婚相談所は、友好のネットワークを組み、それぞれ協力し合いながらご縁をつくっていくわけですから、

同業者を誹謗・中傷すること自体がとても非常識な行為になるんです。

恐らく、このような結婚相談所は孤立しているか、自分本位の独自路線で仕事に取り組んでいると思われますので、

会員様に対して満足なサービスが提供できない可能性があります。

 

6.調子の良い担当者の口車に乗らないこと

たとえば、結婚相談所の説明を聞きに行ったときに、男性なら客室乗務員やモデル、あるいは同レベルの美人、

女性ならイケメンの医者、弁護士、実業家などの写真を見せ、「入会したらこの方をご紹介します」

というお誘いパターンがあります。

これは販売促進用の写真ですから、実際の会員かどうかは不明ですし、中にはサクラの場合もあるようです。

もちろん本当に紹介されるかどうか疑問が残るところです。

中には、入会後1回は会わせるところもあるようですが、それ以上のことは何もないという話はよく聞きます。

完全なサクラでなくても、広告塔のように利用されている会員様は気の毒ですよね。

とにかく担当者の釣り餌をまくような行動が見受けられたら、簡単に口車に乗らずに真意を探りましょう。

 

「失敗しない結婚相談所選びのコツ」は他にもいろいろありますが、大切なのは、結婚相談所の利点や長所ばかり見て、

自分の都合の良いように解釈しないことです。

上記のようなところが少しでも該当していたら、一旦気持ちを落ち着けて入会を即決するのは控えましょう。

冷静になり、一度当会のように業界事情に明るいところに相談して情報収集するのも1つの方法です。

同じ結婚相談所だからこそ知っている裏事情や落し穴、カラクリなどをお話できると思います(笑)

>>安全で安心な優良結婚相談所の条件

>>妥協しない結婚相談所の決め方

>>結婚相談所や結婚情報サービスの情報を提供いたします

 

 

ページトップへ