ミドサーの女性が結婚するための婚活

  • 2021年10月8日

先月は7コロナの厳しい状況の中でも20代、30代、40代と各年代で会員様の結婚がコンスタントに決まりました。

仮交際から真剣交際に突入する率も高かったように思います。

とくに35歳のミドサーの女性会員様が紆余曲折ありながらも活動から1年以内に成婚となったのは非常に喜ばしかったです。

当会へ入会した頃から年齢が34歳~36歳のミドサーのうちに結婚して、子供を授かりたいと強く思い描いていたんです。

20代から30代前半にはあまり考えていなかった妊娠や出産をミドサーに近づくにつれて現実として受け止めたようです。

20代の早いうちに結婚した友だちの子供がすでに小学生になっていたり、いつの間にか2人の子供の母親になっていたり、

新婚だった友だちからも徐々に妊娠や出産の報告が入ってきたりと、そんな状況に気づいて急に焦り始めてきたのだとか。

一般的に女性の出産適齢期は20歳~35歳と言われているということで、まさにミドサーは1つのボーダーラインになるため

彼女も途端に妊娠や出産に対して敏感になりはじめ、急いで婚活することを決めたそうです。

そんなときに当会で素早く結婚できたミドサー女性の口コミを偶然見つけ、遠方ながらも面談に来てくれました。

そのまますぐに入会手続きを取り、ミドサーのうちに結婚して子供が欲しいと意欲的に活動をスタートしました。

会員登録してから5日で3人の男性とのお見合いが決まり、年齢がミドサーのハンデを感じさせないほどスムーズに婚活が

始まったことに彼女は少し驚き、安心したようです(笑)

更には、お見合いをした1人の男性と真剣交際にまで発展し、テンポよく結婚を手繰り寄せていける感じになりました。

はたから見てもラブラブな雰囲気が伝わってきたんです。

しかし、交際から4カ月が経とうというときにお互いの結婚生活への考え方が少しずつ合わないようになってきて、

結局男性のほうから交際を終了したいと申し出が・・

彼女はそのショックが大きく数日は落ち込んでいたのですが、そこからはまた気を取り直してお見合い活動を再開です。

ただ、その後半年は30人くらいとお見合いを行い、8人とは仮交際になったものの真剣交際に進むことはありませんでした。

数回デートしただけで交際を断ったり、断られたりの繰り返し・・

だんだん彼女は「ミドサーのうちの結婚は難しいかもしれない」と悩みはじめ、少々諦めモードにもなりつつあったため、

オンラインで面談しながら何度となく活動のアドバイスをしました。

そんなゴタゴタしているときに彼女が申し込んだ男性がお見合いを承諾してくれたんです。

これが逆転劇に繋がったんですね(笑)

その彼とは同じミドサーということもあり、初対面のときから波長が合い、当然交際となり、順調に愛を育んでいきました。

多くの面で共通点があったため凝ったデートでなくても、ただ2人で話をしているだけで凄く楽しかったようです。

そんな感じの仮交際でしたからすぐに真剣交際になったのは言うまでもなく、お見合いから僅か2カ月で成婚となりました。

目標としていた1年以内の結婚が達成され、めでたくミドサーのうちに婚活を卒業したわけです。

思えば良い出会いばかりじゃなく、辛い別れなども ありましたけど、それもこれもご縁ですから仕方ないと思います。

でも、結婚相談所のメリットは、もし1つのご縁がなくなったとしても、すぐに次のご縁を探すことが可能なところです。

また最初から相手を探し回る必要はなく、いつでも次の出会いのステージが用意されています。

ですから、交際中も「もう後がない・・」と焦ることなく安心して結婚を目指せるのではないでしょうか(笑)

このように心に余裕があれば、たとえ突然交際が終わったとしても気持の切り替えもスムーズにいくようになるんですね。

このようなスピード感がある展開は恋愛市場ではあまり考えられないはずです。

クヨクヨ落ち込んでいる間もなく、気持のスイッチをオンすることが可能なのは婚活市場ならではのことです。

結婚相談所の場合は、効率的に出会いと交際を繰り返しながら、いつか最高のご縁を掴み取るといった感じになります。

半年以上も交際し、自分の両親にも紹介したのに最終的にご縁に繋がらず、その1週間後に出会った男性と1ヶ月の交際の末、

相思相愛でパッと結婚が決まってしまったミドサーの女性会員様も過去にはいました。

もし破局して、ここで立ち止まっていたら、こんな素敵なご縁は生まれなかったかもしれません。

結婚相談所に身を置いていると、いつどこでどんなご縁に恵まれるかわからないのですから、これが醍醐味だと思います(笑)

もちろんこんなに調子よくパートナーが見つかるとは限りませんが、出会いの土壌が整っていれば充分期待できるんですね。

ミドサーになってからそろそろ子供が欲しいと思ったとしても、そもそも出会いがなかったり、交際相手がいなかったり、

相手がいても彼氏が結婚を考えていなかった場合は、早めに別れる決断をする必要だってありますよね。

ですから、たとえばミドサーの間に出産したいと考えたら、それまでにどのくらいの時間がかかるのか計算してみましょう。

結婚相手が見つかって結婚式を挙げ、入籍するまでに短くても約1年。

その後、妊娠や出産に至るまでは短くても約1年はかかると見積もっておいたほうがいいでしょうね。

要は、結婚相手を見つけ、出産までを考えると最低2年以上はかかるということです。

ましてや妊活が必要となれば、それ以上の時間は計算しなければなりませんし、出産はアラフォーになることもあり得ます。

もし、「35歳に出産するためには32歳で結婚相手を見つけ33歳までに結婚しなければ」という結論を見出したなら

次は最善の婚活方法を探し、婚活にどのくらい時間を割けるのか、何人と出会っていけばいいのかということを逆算し、

具体的な行動プランを考えてみてください。

正直ミドサーになってからの婚活は、妊娠や出産を考えるとあまり時間がないのも事実です。

当会のような専門家の手が入る仲人型結婚相談所の場合は、ミドサーで婚活を始め、ミドサーのうちに結婚が可能なので、

逆算して厳しい現実があると思えたときは、ぜひいつでも頼ってほしいですね。

>>女性35歳からの結婚相談所

ページトップへ