女性がお見合いでピンとくる瞬間

  • 2021年11月18日

お見合いを重ねた女性が「ピンとくる人がいない」とこぼすことがよくあります。

運命的な出会いに憧れている女性は、お見合いで普通に会話を楽しんだだけでは物足りないものを感じるのかもしれません。

少しでもピンとこないと交際までは決断できないという女性もいるんですね。

ですので、女性にピンとくる感覚を与えることができると、優位にお見合いを進め、交際OKの可能性が高まるわけです。

では、この「ピンとくる」というのはどんなときなのか考えてみたいと思います。

2人の共通点が多くある。

初対面のお見合いで男性と話をしているときに多くの共通点があるとピンとくることがあります。

趣味や好きなものや嫌いなもの、得意なことなど、プライベートに関する共通点が多くあるとピンとくるのだと思います。

また、出身地や居住地、学校、仕事、星座、家族構成など、偶然の共通点が多くあると運命を感じるようです。

ですので、会話するときは、どんな小さなことでも共通点を見つけるように集中して相手の話を聞くようにしましょう。

これはお見合いで会話する際の基本になりますが、共通点がたくさんあることで昔から知っている感覚にもなりますので、

何かピンとくるものを感じるに違いありません。

 

リラックスして話ができる。

誰でもお見合いの席ではかなり緊張するものですが、不思議と最初からほとんど緊張することなく気楽に話ができる場合は、

何となく相性の良さを感じ、直感的にピンとくるんですね。

このような状態にあれば、多少の沈黙があってもあまり気になりません。

つまり、普通に話していても緊張してしまう男性より、自然体でリラックスできる男性に運命を感じやすいということです。

ですので、その場を盛り上げる会話をしようとがんばる前に、まずは女性がリラックスできる雰囲気を作ることが大切です。

2人で顔を合わせたときは、親しみのある笑顔で明るく挨拶し、温かい眼差しと優しい口調で女性をエスコートしましょう。

 

視線と会話がよく合う。

特に意識しなくても自然とお互いの視線が合い、会話も合って楽しい雰囲気になると女性は何となくピンとくるんです。

お互いに目を合わせる回数も増え、話が尽きなければ、お見合いとはいえドキドキさせられることもあると思います。

多くの女性は、いろいろな面でタイミングが合うと運命的なものを感じたりするんですね。

男性は、視線の送り方や会話のテンポを上手く合わせて運命を演出することができると女性との距離を詰められるはずです。

そのためにはしっかり相手の目を見て挨拶し、会話中も視線に注意しながら相手の話を聞き、タイミングよくうなずき、

共通点や共感点を探して話を合わせていくようにしましょう。

 

見た目の第一印象が良い。

待ち合わせ場所で顔を合わせたときに「とても感じがいい」と思えると女性はピンとくるものを覚えるようです。

清潔感溢れる身なりで姿勢も正しく、満面の笑みで明るく元気に声を掛けられたら第一印象が悪くなるはずがありません。

見た目の印象で好感を持ったら、やはり心が弾むでしょうし、夢見る女性は「これは運命」と思うのではないでしょうか。

ましてや自分のタイプとなるとビビビッとくることがあると思います。

最初にピンとくれば、当然ながらお見合いのモチベーションがアップしますので、お互いに好感度が高まりますよね。

ですので、お見合いの基本になりますが、見た目を徹底的に整えて、出会い頭の第一声に全神経を集中させましょう。

 

このように女性がお見合いでピンとくる瞬間はいくつもあるわけです。

女性は誰でも「自分だけの王子様」を求めているのですから、何かピンとくる運命の相手だと感じさせることができると

最初の段階でお見合いは成功したようなものです。

そうなるとお見合いから交際に進んだ場合も素早く恋愛に発展していくことがあります。

 

ページトップへ