次のデートにつながる女性の行動

  • 2022年05月23日

お見合いで会話が弾み楽しい雰囲気になっていると大抵は仮交際へつながっていきます。

仮交際に入ると次に会う約束をしてデートをするわけですが、実は、この初デートで交際が暗礁に乗り上げてしまうことも

少なくないんです。

男性からの連絡が途絶えがちになり、自分から連絡しても反応が鈍かったり、なかなか次のデートに誘ってこなかったり

と前向きな行動が見受けられなくなるわけです。

お見合いでは良い感じだったので、いきなり嫌われるということはあまり考えられず、恐らく男性に何か思うことがあり、

次のデートを誘うことに躊躇いがあるのではないか想像はつきます。

その理由や原因はよくわかりませんが、もしかしたらデート中の女性の行動に問題があったのかもしれません。

もしそうであれば、デートの中身を見直す必要があると思います。

では、次のデートにつながる女性の行動とは、どんなことになるのでしょうか。

事前に盛り上がっている気持ちを伝える。

デートは、当日に会う前から始まっていると考えてください。

初デートの約束をしたらお互いに少なからず「上手くいくかな」「楽しめるかな」という不安を感じているはずです。

とくにエスコートする側の男性のほうは、その気持ちが強くなり緊張していることが多いんですね。

だからこそ、デートの前の日に「明日はよろしくお願いします。楽しみにしています」といった連絡をしておきたいですね。

この前向きな連絡で男性は安心しますし、リラックスしてデートに臨め、当然テンションも高くなってきます。

つまり、前もって相手に自分の気持ちを伝えておくだけで交際への意気込みを示すことができるんです。

もちろん相手だって嬉しいですし、この時点でかなり良い印象を与えておくことができるわけですね。

このような女性からの積極的な準備行動は、後々のデートにもつながっていくのは間違いありません。

 

相手を気持ちよくさせる言葉を投げる。

お互いに前向きな気持ちで会うわけですから、当然デートもそれなりに盛り上がると思います。

そんなデート中のいろんな場面で、女性から「嬉しい」「楽しい」「おいしい」「よかった」「ありがとう」といった

ポジティブな言葉を聞くと男性は安心し、益々テンションが上がるんです。

もし、会話が途切れがちになったりしたときも女性から無理に話題を振ろうとしなくても大丈夫です。

この5つのワードを意識して男性の話を聞き、笑顔でポジティブな言葉を会話に挟みこんでみましょう。

それだけで重い空気は消えるでしょうし、むしろ相手は居心地の良さを感じて「また会いたい」と思うようになるはずです。

また、男性が気持ちよくなれば「デートが楽しい」と思うので、次も誘いたくなるのは当然の成り行きではないでしょうか。

更に、男性の話を聞きながら適度に褒めたりすることで益々気分が高揚し、また会いたい気持ちが強化されていきます。

 

次につながる自然なトークを心掛ける。

次のデートにつなげようとする気持ちは大切ですが、女性から強引に約束を迫るのはやめておきましょう。

まだ仮交際という段階では、そういう必死さが感じられる態度は重たいと思われ、逆効果になることも多々あるんです。

ただし、女性から「次も会いたい」と言われるのは、男性にとって大変嬉しいことでもあります。

なので、デート中に「またここに来てみたいな」「次はこれが食べたいな」「今度こんなことがしたいな」と自然な流れで

さらりと言ってみるのは有効な手段だと思います。

また、相手に聞こえるか聞こえないかくらいの小さめの声で、さりげなく独り言のようにつぶやくのも効果的です。

1度だと社交辞令に見える可能性もあるので、タイミングを見計らって複数回言ってみることでインパクトが強まります。

そういう前向きな言葉を聞くと、男性は次もデートに誘う勇気が湧いてきますし、自信を持って誘いやすくなるんですね。

その思いがしっかり伝われば、その場で次のデートの約束をして計画を話し合う流れになるのではないでしょうか。

相手のことを気に入っているなら、ぜひ次につながるトークを心掛けてデートに臨んでみてください。

 

デートの最後に名残惜しさを伝える。

デート終盤の言動はインパクトがあり、相手の記憶にも残りやすくなりますからとても大事です。

別れ際には、必ず相手の目を見て「今日は楽しかったです。ありがとうございました」と笑顔でお礼を言いましょう。

これだけで男性は「楽しんでもらえた」と安堵した気持ちになり、次のデートのことも頭にチラつくんですね。

ただし、先に書いた行動を実践していないと社交辞令として受け取られてしまう可能性がありますので注意が必要です。

あくまでも楽しい時間を過ごせた名残惜しさを伝えるための最後の一押しという意味になります。

また、自宅に帰ってから「今日はありがとうございました。またよろしくお願いします」と簡単にメールやラインを送るのも

名残惜しさを演出することができ、男性も好意的に受け取ってくれるんですね。

もっと確実に次につなげたいなら「今日はご馳走様でした。今度は私もお支払いしますね」「次回は私がご馳走しますね」

などと男性が次のデートに誘いやすい雰囲気を出しておくことです。

このような女性から前向きなフォローがあると男性のテンションが上がり、臆することなく次のデートに誘えるわけです。

 

次のデートにつながる女性の基本的な行動は、上記のようになります。

もちろんこれらの行動は自分が相手を気に入っていないと実践できないと思いますが、仮交際の初デートであるならば

まだほとんどお互いのことを知らず、そこまでの好きも嫌いの感情もなく、先のことも読めない状態なはずですので、

まずは交際を一歩一歩前進させていくことを考え、次のデートにつながる行動を女性のほうからも仕掛けてみてください。

もし「自分にはそれが難しい・・」ということであれば、当会の仲人が会員様に代わってしっかりフォローしていきますよ。

 

ページトップへ