真剣交際でも女性が結婚を決断できないケース

  • 2022年09月12日

結婚相談所では、結婚前提の真剣交際に入ると大体1カ月か2カ月くらいで成婚となるケースが多いです。

しかし、ときどき真剣交際から3カ月以上経過しても女性が結婚を決断できずにいて男性がプロポーズするまで

時間がかかるケースも見受けられます。

結婚相談所に登録して本格的に婚活に取り組み、そして、お互いに結婚を考えて真剣に交際しているはずなのに

なぜ女性は結婚を決断できないのか、不思議に感じるかもしれませんね。

でも、真剣交際でも女性が結婚を決断できないケースというのは、いろいろあるんです。

◇なかなか結婚がイメージできない。

お互いの価値観があまり合わなかったり、デートして一緒にいてもしっくりくるものがなかったりした場合は

相手との結婚生活がイメージできないケースがあるんですね。

「交際しているのは楽しいけど結婚するとなると何か違うような・・」といった感覚があるわけです。

今は充実していても、その先の結婚を考えると不安が残ってしまいなかなか結婚が決断できないのでしょう。

ですので、「この人なら!」と思える関係が築かれていなければ、いつまでも結婚がイメージできないまま

どっちつかずの交際が長引いてしまうかもしれません。

この場合、男性は、2人の結婚の希望や結婚観をしっかり擦り合わせ、相手の心配事や不安を解消していき、

楽しいデートを継続しながらじっくり女性の気持ちを引き上げる努力が必要になります。

 

◇恋愛感情が持てずにいる。

お見合いからの交際は、必ずしも相思相愛からスタートするわけではありません。

もちろん真剣交際するからにはそれなりの好意はあるのですが、まだ「誠実な人」「優しい人」「温かい人」

といった「良い人」レベルの感情しかないと簡単に結婚までは決断できないわけです。

「本当に好きなのかどうかもわからない」となると女性の心にブレーキがかかるケースも多いんです。

恋愛感情が湧かないと結婚する勇気が出ないのは仕方ないことかもしれませんね。

ただ、婚活においては、大好きな感情が芽生えなくても、一緒にいると落ち着く、安心できる、安らぎを感じる

という居心地の良さがあれば、結婚を決断する女性が多いのも事実です。

一生を共にするパートナーなので、自然体でいられることを重視し、穏やかな好きで満足なのだと思います。

 

◇交際に入って日が浅い。

お見合いしてから割と早い段階で真剣交際に進むケースも少なくありません。

この場合、まだお互いの知らない部分があるため、いくら結婚前提の真剣交際であっても結婚を決断するのは、

そう簡単ではありませんよね。

男性の気持ちは結婚の方向へ固まっていても、女性には相手のことをあまり知らないという不安しかありません。

自分の将来を男性に預けるわけですから慎重になるのは当然です。

ですので、交際に入って日が浅いうちに、いきなりプロポーズして女性にOKをもらえる確率は低くなります。

まだ結婚の覚悟ができていないのに本気で言われてしまうと困ってしまうわけです。

交際に入って日が浅いのであれば、男性は焦らずに徐々に結婚への間合いを詰めていくことをお勧めします。

 

◇交際が間延びした。

先ほどとは逆で、お互いなるべく短期間での結婚を目指しているわけですから、交際期間が長くなってくると

やはり女性の気持ちは下がってきます。

真剣交際になってもただ普通にデートを重ねるだけで、男性からは結婚に向けた前向きな言葉や行動がなく、

話が前に進んでいかない場合は、完全にタイミングを逸した状態になります。

ダラダラした交際になるにつれ、女性は「相手が何を考えているのかわからない・・」という気持ちに陥り、

不満や不信感が積もってくるわけです。

そこで結婚相談所のスタッフや仲人が男性に積極的な行動を促したり、2人の背中を押したりとアシストしますが、

交際が長引くことで女性の結婚のモチベーションが下がっているため、すぐには決断できなくなっていくんです。

つまり、なかなか煮え切らず優柔不断な男性に嫌気がさしてしまうということですね。

ですので、男性は女性の気持ちが高い段階でプロポーズに向けた動きを見せていかなければなりません。

 

◇家族に反対されている。

結婚相談所では滅多にないケースですが、ごく稀に親御様の承諾が得られないことがあります。

結婚は2人でするものですが、必ず両家の承諾が必要になりますので、女性は少しでも家族の反対があったりすると、

結婚が決断できなくなるわけです。

男性と違い、女性はお父さんお母さんの意見を尊重する傾向があるんです。

ですので、女性を決断させるためには、2人でしっかり親御様と向き合い、粘り強く説得を試みるしかありません。

親御様に承諾してもらうためにここまでしたら、女性がすぐにプロポーズを受けるは当然のことですよね。

 

このように結婚相談所における真剣交際であっても女性が結婚を決断できないケースはいろいろあるわけですが、

もし女性の気持ちがなかなか固まらないようなら、当会の腕利きの仲人が間に入り、その原因や理由を精査して、

どうにか交際3カ月から半年の交際期間で成婚に辿り着けるようにサポートし、上手くご縁を結んでいきますので、

その点はご安心くださいね。

ページトップへ