ネットの出会いとお見合いの違い

  • 2019年12月24日

婚活の手段としてのネットの出会いとお見合いは、当事者が1対1で会えるという点では似ているようにも見えますが、

実は大きな違いがあるんです。

インターネットが普及している現代は、婚活サイトやマッチングアプリなどを使い気軽に出会えるようになっています。

これらは単に出会いを探すツールとしてはとても便利ですが、初対面の人と直接1対1で会うのは少し怖さを感じる

という声があるのも事実です。

なぜなら、その相手の身元やプロ―フィールが不透明で、どのような人物かも把握できないからです。

確かに見ず知らずの人と出会い目的で交流することに抵抗を感じるのは当り前だと思います。

実際にネットの中の情報やメディアの報道を見ていると、婚活サイトやマッチングアプリなどネット上で出会い、

様々なトラブルや事件に巻き込まれるケースも少なくないようです。

ですから、婚活を目的としてネットで初対面の人と出会うときは、かなり慎重にならなければなりません。

また、婚活サイトやマッチングアプリは、費用も安く手軽に始められますが、出会う前から双方でコンタクトを取り合い

会う約束から会う日時や場所の設定までを2人で全て決めなくてはいけません。

お見合いと比べると自由度は高くなりますが、実際に出会うまでに時間や手間がかかるという難点があります。

そして、結婚相談所のように仲人やカウンセラーなどのサポート役がいないため、婚活するうえで困りごとが起きた際に

相談することができないということもあります。

 

結婚相談所のお見合いの場合は、入会時に身元確認がしっかりされていて、入会審査も実施されていますので、

どこの誰かわからないことはありません。

もちろんお見合い希望者は全員、真剣に結婚を考えている人たちです。

相手の素性や人物像がわかったうえで、仲人が間に入り2人に代わってお見合いをセッティングしていきます。

仲人は迅速にお見合いの日時や場所を調整していきますので、出会えないまま終わってしまうことはまずありませんし、

気を遣いながら2人でやり取りするような煩わしさや会うまでの段取りをしてく面倒さはないわけです。

しかも、お見合いをした後も双方の合意がなければ、直接連絡先を交換することも連絡を取ることもできないため、

詐欺やストーカーのような被害に遭うこともなく安心して婚活することができます。

結婚相談所のお見合い活動は、1人でするのではなく、仲人やカウンセラーと一緒に二人三脚で進めていけるのが

大きなメリットです。

ネットの出会いと比べて自由度は低くなりますが、専任担当者と連携を取ることで具体的な婚活のアドバイスが聞けたり、

交際をより効率的に進めていくサポートが期待できます。

「なるほど」の画像検索結果

ネットの出会いとお見合いの違いをまとめますと、

1.お相手をプロフィールや写真で選ぶ

2.お相手にアプローチ(申し込み)

3.会う日時や場所を決める(段取り)

4.出会い(お見合い)

5.連絡先交換(電話番号、メールなど)

6.仮交際(デートを重ねる)

7.本交際(結婚前提)

8.成婚(婚約)

このような一連の流れは、ネットの出会いとお見合いは基本的には同じだと思います。

ただし、大きな違いは、ネットの出会いの場合は、最初から最後まで自分の力で押し進めていく必要があるのに対し、

お見合いの場合は、専任の仲人やカウンセラーが仲介し、しっかりサポートを受けながら進めていけるという点です。

つまり、自力で結婚相手を獲得していくか、第三者の力も借りてご縁を探していくかの違いがあるわけですね。

 

結論としては、

「まずは出会いをつくりたい、気楽に恋愛したい」「いい人がいれば結婚してもいい」「のんびり婚活していきたい」

というライトな考えの方ば、婚活サイトやマッチングアプリなどを使ったネットの出会いで満足できると思いますが、

「結婚を見据えた真面目な出会いを持ちたい」「1年以内に結婚したい」「将来のパートナーを本気で探したい」

というディープな考えがある方は、結婚相談所のお見合いが向いていると思います。

こればかりはご縁なので、必ず結婚できますよ!と断言することはできませんが、お見合いなら出会いから結婚まで

1カ月から3カ月で決まるケースが多いのも事実です。

また、ネットの婚活サイトやマッチングアプリなどと比べて幽霊メンバーも少なく、途中で離脱する人も少ないため、

大体、1年から1年半程度のお見合い活動を経て成婚退会されている会員様が多いといのも大きな特長です。

>>マッチングアプリと結婚相談所の違い

>>結婚相談所ファニーキープスの無料お試し体験について

ページトップへ