結婚相談所の結婚アドバイザーという名のスタッフ

  • 2017年10月15日

結婚相談所に入会すると、いろんなタイプのスタッフがあれこれお世話してくれます。

一言でスタッフと言っても、結婚アドバイザー、結婚カウンセラー、仲人と呼ばれていることが多いのですが、

結婚相談所で結婚が決まるかどうかは、この担当するスタッフ(結婚アドバイザー)の力量によるところが大きいんです。

つまり、自分にとってのベストな結婚アドバイザーと出会えることが、結婚に向けての第一歩となるわけなんですね。

ただ、あなたとの相性がぴったりで、経験豊富な凄腕の結婚アドバイザーを見つけること自体がなかなか大変ですし、

簡単に見つかるものでもありません・・

世の中には結婚相談所が数え切れないほどありますから、それに比例して結婚アドバイザーも数多く存在しています。

ですから、結婚相談所を探すときは、あなたを担当するスタッフや結婚アドバイザーをきちんとチェックしていきましょう。

関連画像

結婚相談所の結婚アドバイザーという仕事の他に本業を持っており、本業の手の空いた時間に結婚相談業務を

ポツポツ行っているケースは多いのですが、このような状況では、いろんな意味で不安を感じると思います。

「ご縁」を作るにはタイミングが大切なんです。

いつでもどこでも迅速に対応できる体制がないと、折角のチャンスも水の泡となる場合がありますから、

結婚アドバイザーは常に会員様とコンタクトが取れるようにスタンバイしておく必要があります。

本業の仕事が忙しくて思うように相談に乗ってもらえなかったり、すぐに対応してもらえないということはよく聞き話です。

結婚相談所の運営がサイドビジネス的であった場合は、手抜きがないか少し注意をしておきましょう(笑)

 

全く異業種の仕事をしていた人が、「婚活ビジネスは儲かりそうだから」「何となく面白そうだから」などと安易に考え、

仕事を転換させるケースも多いのですが、これもまた何だか心細いですね。

結婚アドバイザーの仕事というのは、何はともあれそれなりの経験は必要ですし、またその経験が物をいうわけです。

いくら長くビジネス経験を積んでいても、この世界では素人さんには変わりありません・・

単にお金儲けとかお小遣い稼ぎの感覚で参入してきた結婚アドバイザーは長続きしない可能性がありますし、

現に1年と経たずに結婚相談業から撤退する人や企業も多いそうです。

つまり、結婚アドバイザーは安直な考えでやれるほど甘くはないのです(笑)

 

中規模の結婚相談所に見受けられるのですが、パートタイマーやアルバイトとして雇われている結婚アドバイザーも、

少し心配な部分があるかもしれません。

結局は結婚相談の専門家ではないので、どの程度結婚アドバイザーとしての役割を果たしてくれるのか未知数です。

しっかりアドバイスやカウンセリングを行う能力や技術があるのかどうか、その辺は事前にはわかりません。

また、基本的に仕事に対する責任がないので、会員様のサポートよりも自分の休みや帰宅時間などのプライベートが

優先される傾向がありますから、結婚アドバイザーとして行うべき対応が後手後手になりがちです。

結婚アドバイザーが会社に雇用されている1スタッフであるならば、急に辞めたり、配置転換されたりで自分の担当者が

頻繁に変わることもあります。

そうなると担当者と十分なコミュニケーションが取れず、スムーズに活動を進めるのが難しくなるかもしれません。

 

結婚アドバイザーが自分の年齢よりも若いというのも気になるところだと思います。

最近は20代、30代の結婚アドバイザーも増えてきているようですが、あまりにも若い結婚アドバイザーにお世話になる

というのも少し抵抗を感じるのではないでしょうか。

かなり年下の結婚アドバイザーに相談にしたり、アドバイスされたり、指導を受けたり、励まされたりというのも、

どこか複雑な心境になったり、精神的に窮屈になることもあるかもしれませんね。

ましてや結婚経験がない結婚アドバイザーともなると、頼れる存在にはなりにくいような気がします・・

同じ独身者から結婚する方法をアドバイスされても説得力に欠けるとのではないかと思いますが(笑)

 

人のお世話を趣味や道楽の一環としてしか考えていない個人事業の結婚アドバイザーもいますが、

この場合は、全てがマイペースで進められてしまうことになります。

ビジネスの意識があまりない分、連絡方法は限られ、連絡もいつ取れるかわからない・・ということも多いため

この片手間な仕事のペースに合わせるのは大変でしょうね。

また、ビジネスルールやビジネスマナーを知らないような社会経験の乏しい結婚アドバイザーは、

協力したり、連携しなければならない結婚相談所と上手く協調できなかったり、ときには非常識な行動をとって

トラブルを起こすなんてこともあるんです。

つまり、我が強く、自己中心的だったりします(笑)

そうなると、ご縁のチャンスは減りますから、一番困るのは会員様です・・

 

ご高齢の仲人さんや結婚アドバイザーの場合は、いくら経験が豊富であってもフォローに必要な機動力という点で、

少し不安が残るかもしれません。

敏速に対応できなかったり、小回りが利かなかったり、柔軟性がなかったり、物忘れや事務の不手際が多かったり、

なんてこともちょくちょくあるようです。

実際に、そのような話も直接聞いています(笑)

それは仕方ないこととしても、せめて簡単なパソコン操作やメールくらいは使いこなして欲しい・・

じれったく思うことがあるかもしれません。

>>長年の経験と実績を持つ結婚相談所のアドバイス

>>結婚相談所のお世話の仕方

 

ページトップへ