活動が上手くいかないときに見直すべきこと

  • 2021年05月9日

結婚相談所に入会して思い通りにすいすい活動を進め、次々と成果を出していける人はそれほど多くありません。

実は、思ったより上手くいかずに疲れてしまったり、なかなか結果が出ずに挫折しそうになっている人も少なくないのです。

もし結婚相談所の活動が上手くいっていないと感じたときは、思考を変えてみたり、行動を見直してみてください。

下記ようなことでだいぶ活動が上手く進むようになるのではないかと思います。

 

自分の市場価値を細かく分析してみる

まずは、結婚相談所の活動においても市場があるということを再認識しましょう。

当然ですが結婚したい人たちが集まる婚活市場なので、売り手と買い手があるわけです。

自分がこの婚活市場でどれだけ市場価値があるのかを改めて考えてみる必要があると思います。

年齢、属性、スペック、家庭環境、趣味、見た目などあらゆる方面から自己分析して、自分にどれほどの需要があるのか、

客観的に考えることが大事なんです。

この市場価値を把握していなかったり、見誤っていると、ミスマッチが起こりやすくなりなかなか出会いもつくれません。

たとえば、市場価値があまり高くなさそうなのに、理想を高く掲げたり、多くを求めたりすると買い手が見つからないはず。

需要と供給のバランスが崩れていることになりますので、多少ターゲットを変更する必要があるんですね。

このように自分の市場価値を細かく分析してみると現実的なマッチングの可能性を探ることができ効率的な活動になります。

もし自分の市場価値がわからなければ、ぜひ担当カウンセラーに聞いてみてください。

 

自分を売り込めるアピールポイントを増やす

結婚相談所に登録さえしていれば簡単に相手が見つかり、自動的に相性のいい人と出会えるというわけではありません。

結婚するということはお互いに信頼し合える関係を築いていかなければいけないわけです。

そのために安心して一緒に生活を共にできるかどうかを見極めようとするのは当然のことですよね。

そこをしっかり確認できなければ、結婚を決断することなどできません。

ですので、自分の長所や強みを細かく洗い出したり、自分磨きにより力を入れたり、趣味や特技を増やしたりと

自分のアピールポイントをなるべくたくさん揃えましょう。

自分を売り込むことができるアピールポイントを増やしたら、それをプロフィールに追加し、お見合いや交際の際にも

「結婚相手として申し分ない」ということを積極的にアピールします。

上手くアピールすることで、その魅力を理解してくれる相手に必ず出会うと思います。

自分を高く評価してくれる相手を探す

むやみに相手に売り込むことをしてもあまり意味がない場合があります。

たとえば、自分と価値観が違ったり、相性やフィーリングが合わない相手には自分を高く評価してもらえないでしょう。

そのような人と交際したとしても長続きしないのは目に見えています。

いくら前向きに活動する気持ちがあっても、ほとんど手ごたえのない相手と交際するのは避けたほうがいいと思います。

「自分のことをどう思っているのかわからない」ということなら交際は辞退し、他に自分を高く評価してくれる相手を探す

のが賢明なんです。

自分を理解してくれない、受け入れてくれない相手と無理に付き合っていても疲れるだけです。

ですので、上手くいかない交際が何度続いていたとしても悲観的にならず、自分に合っていると感じる相手に出会うまで

じっくり待つことも大事です。

変にがんばることなく、自分のことをちゃんと評価してくれる相手を探してください。

 

ミスマッチはよくあることと考える

今まで何人もお見合いしたけどほとんど交際に繋がらなかったり、何人か交際になったけど一度デートして終わったりと

このように何も活動が進展していかないという人も少なからずいるものです。

何回も不発に終わってしまうと自分に自信がなくなり、婚活に対して後ろ向きになることもあるかもしれません。

でも、何度か失敗したとしても自分を責めるようなことはしないようにしましょう。

結婚相談所の中だけのことではなく、どんな市場でも売り手と買い手のミスマッチはよくあることです。

このようなミスマッチは誰かが悪いということではありません。

人として合うか合わないかだけの問題であって、婚活では必ず起こる現象と思っておいてください。

スムーズに成婚した人でも何度かあることなので、志半ばの人がミスマッチを経験しないことのほうが珍しいわけです。

結婚という重大なことを考えなければならないなので、誰でも活動には慎重になっていますよね。

ですから、すぐに結果が出なくても落ち込んだり凹んだりせず、「これもご縁」と考えておくことが大切なんです。

上手くいかないときも、「またミスマッチか」とすぐに気持ちを切り替えて次へ進みましょう。

 

このように結婚相談所の活動が上手くいっていないと感じたときは、思考を変えてみたり、行動を見直したりしながら

とにかく途中で諦めることなく活動を継続すれば、必ず明るい兆しが見えてくるんです。

ただ、何をやっても活動が上手くいく気がしないということなら、遠慮せずすぐに担当カウンセラーにご相談くださいね。

当会のカウンセラーは、長年の経験値でどんな局面にも対処していけますからね。

ページトップへ